副業アフィリエイトって全然儲からない!?投げ出しそうになった時に考えたいこと

副業アフィリエイトって全然儲からない!?投げ出しそうになった時に考えたいこと

会社勤めをしているけれど、もっと自由に使えるお金を増やしたくてアフィリエイトに取り組んでいる方は、結構いらっしゃると思います。

でも、アフィリエイトに取り組んだのはいいけれど、思うように収入が増えなくて「やめちゃおうかな・・・」と思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

そこで、ここではアフィリエイトを始めたけれど、あまりもうからないので投げ出したい!と思った時に考えたいことをご紹介させて頂きたいと思います。

アフィリエイトを始めたのはいいけれどあまりもうからなくて、やめようかどうしようか迷っていらっしゃる方は、ぜひ、以下の記事をご覧になってみてくださいね。

アフィリエイトの副業ってどれくらいまでなら確定申告しなくていいの?

fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_m

会社が副業を禁止している場合、いくらぐらい副業収入を得ると会社にばれてしまうのかというと、サラリーマンの副業の場合20万円が確定申告する必要がない年間収入となっています。

もし、年間の副業収入が20万円をオーバーすると確定申告をする必要が出てきて、確定申告をした場合、住民税を算定するときにサラリーマンでの収入プラス副業収入で算定されます。

なので、会社の経理の人が、会社で同じ収入の方と比較して住民税が多いことを見とがめて、会社に副業をしていることがばれてしまうケースがあります!

ですから、いずれは副業で本業以上に儲けようと画策していて、もしばれてもサラリーマンはやめればいいという場合でないかぎり、副業収入は年間20万円までにとどめておいたほうが良いでしょう。

副業があまり儲からなくて投げ出したいときに考えたいこと

204bdfe11381815405dfbe2955ef14c0_m

会社が副業を禁止している場合は、副業収入は年間20万円までに抑えておかないと、源泉徴収で副業をしていることが会社にばれてしまうので気を付けなくてはいけません。

会社が特に副業を禁止していない場合は、副業に取り組むことでよりたくさん収入を得たいと誰しも思いますよね。

でも、会社から帰ってきてから数時間、時には休日も返上して副業に取り組んでいるのにいまいち副業収入がアップしない・・・ということもあり得ると思います。

特にアフィリエイトなどのネットを使った副業の場合はサイトが順調に育っていくまでには何か月もかかり、それまでは頑張って記事をアップしたり、サイトをメンテナンスしたりしても収入がほとんどない状態が続いたりするとモチベーションが下がり副業を投げ出したくなる人も出てきます。

ただアフィリエイトの場合は、記事をどんどんアップしていき、サイトを見やすくメンテナンスしていくなど工夫すれば、半年や1年ぐらいたつと最初よりも収入がアップしてくるようです。

すぐに結果が出ないと人はやめたくなるものですが、副業としてネットでアフィリエイトを行う場合は2、3か月であきらめたりせず、1年はこつこつ記事をアップしたりサイトをメンテナンスしたりして続けてみることをおすすめします。

途中で収入が少ないことに焦ってきたら、クラウドソーシングサイトなどでブログやコンテンツ記事のライティングのお仕事を探して受注してみましょう。

記事ライティングが慣れている方であれば、アフィリエイトをしながらでも1か月に数万円は収入を得ることができるので、焦って副業を投げ出すことを防ぐことができますよ。

もちろんクラウドソーシングにおけるライティングのお仕事も、高単価の仕事を受注し、たくさん執筆すればサラリーマンの方であればすぐに確定申告をしなくてはいけないぐらい稼げるのでおすすめの副業です。

アフィリエイトについて現実的な話をしましょうか

真面目な話、アフィリエイトを本気でやろうと思った場合、休みの日は10時間以上サイト作りや記事作成をする仕事帰りでも深夜まで作業をするといった苦難苦痛の連続が待ち構えています。

WEBに関する知識がなければ0からのスタートとなってしまいますし、PC操作さえ危うい場合は本当に厳しいです。自分で何でも調べたり自己解決する習慣がない方は確実に諦めてしまうはず。

アフィリエイト初心者はカモ!指導者が一番儲かる

よくバナー広告などで、「片手間でやったアフィリエイトで毎月100万円の収入があります!」といったものを見かけたりすることがありますよね。○○塾に入って独立できましたとか、世界を飛び回りながら仕事してます的な。

確かに、塾などに入ると何人かは死ぬほど努力をして宣伝文句のような成功を勝ち取っています。
が、その影には死屍累々の山が出来上がっていることに考えが及んでいますか

とりあえず入ってみて、できそうにないから放置するという人もいるでしょう。質問すらしないという人もいます。
そういう買っただけ、入っただけで満足する人が何人もいることで、指導者はラクかつがっぽり稼ぐことが出来るのです。

残念ながらラクに稼げるというのは「ほとんど」ウソです。
簡単ですよ~と初心者をかき集めて初歩的なことだけ教えるのがあの手の広告の真実。
一番儲かるのは、初心者に教える側ですから。

実は大して稼いでいなくても初心者なら簡単に引っかかってくれますし、お金に困っていればいるほど甘いささやきに乗りますからね。。。

株やFXなどの投資系広告でも「簡単に稼げます」といった広告があったりするわけですが、アレもウソ。当然ながら、教材提供者側が一番儲かります。

冷静に考えてみると、本当に簡単に稼げるのであればわざわざ実践者を増やして競合やライバルを増やすようなことは絶対にしません。自分だけがその方法を実践してこっそり稼げばよいのですから。

結局は情報商材屋さんは初心者をカモとして稼いでいるだけなのです。
趣味や遊び感覚で簡単にお金が稼げないのと同じように、アフィリエイトも簡単には稼げない世界です。

アフィリエイトは「仕事」として本気でやらなければ100%稼げない

ではアフィリエイトでは稼げないのか?というと、それも間違いです。
アフィリエイトは間違いなく稼ぐことが可能です。ただし、「仕事として取り組めば」という大前提が伴います。

実際、個人でアフィリエイトを副業としてはじめて数年後に法人化したという方もたくさんいますし、アフィリエイトを主軸に事業を展開している会社もたくさんあります。

アフィリエイトの市場は拡大を続けていますから参入余地はまだあります。
ただし、市場参加者が多くなっているためパイの奪い合いとなっている状況だというのは肝に銘じて置かなければなりません。

専業はリスク大!兼業が最強!

ですから、アフィリエイトで月数十万円の利益が出せるようになっても本業は続けるのが一番安全といえるでしょう。専業になるのは月数百万円の世界に到達してからでも遅くはないのです。

専業になった直後にサイトがペナルティをうけて検索から除外され、翌月の売上0、なんてこともざらにある世界です。そのような世界で生き残るためには、常に情報をアップデートし続ける必要がありますし、危機感を持って続けなければなりません。

実際にそのようなピンチに直面するといかに会社員が安定した仕事か、というのをあなたは身を持って実感するはずです。

毎月安定しない収入で夜も眠れないことほど苦しいことはありません。専業でアフィリエイトをするとなると個人事業主となるため、会社による福利厚生もありません。厚生年金もなく、自分でお金を積み立てなければならないリスクが有ります。

それに比べ、会社員は福利厚生がきちんとありますし、不満はあるかもしれませんが毎月決められた額が給与として支払われます。健康診断も会社持ちで受けることができますし、年金も特に考える必要なく会社が半分折半で支払ってくれます。

専業でアフィリエイトをしたいという方もいるかもしれません。ですが会社員という状態がいかに恵まれた立場であるかを今一度確認する必要があるのではないでしょうか。

副業としてアフィリエイトをすれば、決められた月給にプラスして青天井の報酬を得ることが可能になります。そう考えると、会社員を続けながらアフィリエイトを副業で行うのがベストな答えと言えるでしょう。

まとめ

557d01fd11a704e13be1473e4821663c_m

いかがでしたか?

副業でもコンビニや警備のアルバイトなどは確実に収入があるので、確定申告をしたくない場合は自分でシフト調整をすれば必ず定期的に収入を得ることができますが、アフィリエイトなどのネットを使用した副業は、始めたばかりの頃は一定した副業収入が得られず投げ出したくなる場合もあります。

でも、アフィリエイトは半年や1年ぐらいはサイトを育てていかないと収入は見込めませんので、長期的なスパンでサイト構築を考えるようにしましょう。

頑張っても収入があがらず投げ出したくなった時は、クラウドソーシングでライティングのお仕事を探して何件か受注してみることをおすすめします。

そうすれば、副業で収入がなかなかあがらなくても、高単価の仕事を引き受ければ、確定申告しなくてはいけないくらい儲かるようになりますので、儲からないからといって投げ出さず、安心して長期的スパンでアフィリエイトなどのネットの副業に取り組めるようになりますよ。

アフィリエイトの作業がきつすぎて投げ出すのもいいでしょう。それもまた一つの道です。
一つ諦めればまた別の道が開けてくるもの。諦めが悪い方は続けてその先に光を見つけるのもいいでしょう。

臥薪嘗胆の先に得るものがあると考える方は、大変かもしれませんが「副業として」アフィリエイトを極めてみてください。

by
368 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事