ノースリーブやレギンスはダメ?私服自由の会社でも注意したいマナーと基準とは

ノースリーブやレギンスはダメ?私服自由の会社でも注意したいマナーと基準とは

初めての会社。
ユニホームや制服など、服装に決まりがある場合は悩みませんが、私服で良い場合は何を着ていけばいいか悩みますよね。

どんな服がいい?
ノースリーブなどはOK?

私服OKの会社における服装のマナーについてご紹介します。

どんな服がふさわしい?毎日悩まないですむ出勤時の服装とは

6f4d3e385c23ac2478f7007afec1e708_s
いっそのこと制服があればいいのに!と私服OKの会社に勤める人は服装に悩みますよね。
服装に対する考え方は会社によって、人によって違うと思いますが一般的なマナーはどうなのでしょうか。

ふさわしい会社での服装とは

勤める会社の方針により、一概には言えませんがオフィスなどで働く一般的なOLの場合、ふさしい社会人としての服装があります。

一般的な服装のマナー

上司や目上の人に失礼のない服装
相手に不快感を与えない服装
清潔感のある服装
仕事しやすい服装
露出の少ない服装

このように言葉にするとわかりにくいものです。
避けたい服装とは

ジーンズ
ノースリーブ
タンクトップ
短パン
短いスカート
Tシャツ

少し具体的になってきましたが、どうして着てはいけないのか、ふさわしい服装とはどんなものでしょうか。

ジーパンなどはどうしていけないの?理由と注意点

私服OKの会社なのに、どうしてジーパンやノースリーブはいけないの?
好きな服を着たいのに何がいけないの?と思うかもしれません。
服装の前に考え方を変えていく必要があります。

仕事と身だしなみ

まず、会社で仕事をするということはお金をもらっているということです。
そこでの服装というのは会社の一員としてふさわしくあるべきであり、社会人としても女性としても身だしなみに気を付けなくてはいけない場所です。

休日にプライベートでどんな服を着ようとそれは自由かもしれません。
しかし会社なので「私服でOK」の意味を勘違いしてはいけないのです。

私服OKというのはいいかえると「制服はない」ということで深く考えないといけないのは「社会人としてふさわしい服を自分で用意する」ということを意味しているのです。

会社の一員として働き、人前に出るということはその会社のイメージなども背負うということです。
ふさわしい服装をしていなければ、会社のモラルなども問われるといっても過言ではありません。

仕事で取引先の人や上司の人などと会う機会がある場合は、ますます服装などの外見のイメージで自分を判断されることが多いので、服装が自由といっても注意しなければならないのです。

一般的な服装のマナーでみたような服装は社会人としてふさわしいと言えるでしょう。

スーツ
パンツ
短すぎないタイトスカート
ジャケット
ブラウス
ワンピース
カーディガン

色は派手すぎず、デザインもシンプルが望ましいです。
素足は避け、ストッキングを着用しましょう。
露出もないほうがいいので、半そでやノースリーブではなく、7分袖やロング丈の袖を心がけましょう。
生地もシースルーや柄物、光沢のあるものは避け、清楚なものがおススメです。

悩んだときは

毎日服装に悩むと思いますがある程度アイテムがそろうと毎日のローテーションでいいのです。
それでも悩んだときは、周りの社員を参考にしましょう。
同じ会社に勤めている評判のいい社員の服装をまねることは、とてもおススメです。

服装以外にも

服装以外にも気を付けたいポイントがあります。

化粧・・・赤すぎない口紅、白すぎないファンデーション、濃すぎないマスカラやチーク。ノーメイクはNG
靴・・・足元もお忘れなく。スニーカーや高すぎるヒールはNG
アクセサリー・・・きらびやかすぎるもの、派手すぎるものはNG
髪形・・・髪の色や長さに気を付ける

服装だけでなく、身だしなみを整えることが大切です。

まとめ

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s
会社という場はファッションを披露する場ではありません。
服装などで注意されることがあれば、すぐに直す必要があります。

またノースリーブなどをもし着ていて目線を感じるのであれば、言われなくても直さなければいけないと思います。

会社の一員としてふさわしい服装を極めることこそ、女性として社会人として必要なことと思い、会社での服装を考えてみませんか。

1437 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事