妊娠中に出産に向けて準備しておくことと心構え

妊娠中に出産に向けて準備しておくことと心構え

まもなく出産!
初めて出産される方は期待と不安でドキドキしますよね。
そんな出産間近にしておきたい準備や心構えがあります。
出産予定日は決まっていますが前後しますし、体調がいいときに準備しておきたいものです。

出産に備えてお早めに☆用意しておきたいもの

ed9157ae79f9152de5c4a56b20bb28ce_s
赤ちゃんが生まれてから用意することもできますが、あらかじめ用意しておけば安心ですよね。
ものだけでなく、さまざまな準備したいことがあります。

赤ちゃんの準備 あると助かるものといらないかな?と思うもの

女の子の服や男の子の服など選ぶ時はとても楽しいですね。
育児に便利なもの、必要なものがいくつかあります。

■必要と思われるもの
赤ちゃんの服(男女分からない場合は中間色の黄色やオレンジ、緑などがおススメ)
紙おむつ、布おむつ(布おむつだけと決めている人でも紙おむつはあるといいです)
おしりふき
チャイルドシート(ある程度大きくなるまで使えるものがおススメ)
哺乳瓶(母乳で育てたい人も、あると便利です)
ハイローチェア(食事の時やちょっと寝かせたいときかなり愛用できます)
スリング

便利と感じるのは人それぞれでライフスタイルにもよるのですが、とりあえず最低限のものを用意して後から買い足せばいいと思います。

■買ってみたけど不要だったもの
ベビー布団(一緒の布団で寝るほうがおススメです。お昼寝も今ある布団で大丈夫です)
ベビーベッド(場所を取ります。同じベッドで十分だと思います)
ベビーバス(一緒にお風呂に入れます)
バウンサー(ハイローチェアで代用できます)
ベビーカー(必要になったら買うで間に合います)
靴やおもちゃ(子供の好みやサイズもあるので、後の方がいいです)

子供が成長すると、必要なものが分かってきますし、生まれる前からあまり買いすぎると不必要だったということに気づく場合があります。

ママの準備 あると助かるものといらないかな?と思うもの

赤ちゃんの準備だけでなく、ママの準備も必要です。
特に赤ちゃんが生まれてからの入院中は買いに行くことができないので、準備万端にしておきましょう。

■必要と思われるもの
生理用下着
パジャマ(授乳しやすい専用パジャマがおススメです)
着替え(退院するときの服もお忘れなく)
生理用品(多い日用がおススメです)
母子手帳
洗浄綿、ウエットティッシュ
タオル、バスタオル(多めに持っていくといざという時安心です)

パジャマは産後毎日着ているものなので、気分を上げるためにも明るい色のものがおススメです。

■不要と思われるもの
産褥パット(生理用品で十分対応できます)
産褥ショーツ(生理用ショーツで大丈夫です)
ブラジャー(もしするなら、付け外しが簡単なものがおススメ)

産後はすごくリラックスしていたいものです。ブラジャーは窮屈に感じますのでパット付きの下着のほうが楽に過ごせておススメです。

■あるとうれしいもの
円座クッション(産後、座るのが痛い場合、かなり救われました)
自分の好きなちょっとしたおやつ(産後は気分が下がりやすいです。ご褒美にあるとうれしいです)

病院などで用意するといいリストなどもらえると思います。そのリストと照らし合わせて参考にしてみてくださいね。

出産前の心構えと配慮 今のうちにできること

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
産後はなかなか動けなくなります。そうなる前にしておきたいことや、いざという時のために心構えはしておきたいですね。

出産前の配慮って?周りへの言葉かけ

赤ちゃんが生まれるとなると、当然病院へ行き、その間家を空けることになります。パパになる旦那様にもそのことをきちんと理解していざという時に動けるようにしてほしいものですね。

■周りへの配慮
家のことは最低限旦那様へ伝授(家事やしておいてほしいこと)
祖父母を頼る場合も家の家電などの説明(意外と出来ずに困るようです)
病院へ伝えておきたいことは今のうち(産むときの配慮してほしいこと)
近所へのことづけ
兄弟の学校や留守時のこと(第1子などがいる場合、自分が入院している間のことを考えましょう)
産後のこと(里帰りする場合は、最寄りの病院も検索しておきましょう)

病院への伝えたいこととはこだわりの産み方をしたい場合です。出てくるときに頭を触りたい!音楽を流したい!ほかの子供を立ち会わせたい!など要望がある場合はその時に言う暇はないので、事前に申し出ておきましょう。(タイミングを教えてくれますよ)

出産前の心構え 出産ってどんな感じ?

68edf448e84ff06c6eb8d22146103156_s
出産というのは一度したからといってもまた同じになるとは限りません。むしろ違うし、想定外なこともあります。
それでもどんな感じ?と知っておくだけでこれかーと安心することもできます。

出産前のおしるし?陣痛?生まれてくる前ってわかるの?

よく聞くと思いますが、おしるしとはおりもののような出産前に起きる現象の一つです。
これがある人もいますし、ない人もいます。おりもののようだったという人もいますし、血のようだったという人もいます。

ただ不思議と「あ、きたかも」とわかるのです。
陣痛も生まれる直前の想像を絶する痛みではなく「いたたた」という程度の前駆陣痛からくる場合がほとんどです。

いきなり破水しちゃう人もいますが、あわてる必要はありません。
とにかく異変かも?いつもと何かが違う、と思ったときは病院へ必ず連絡してください。

こういう時のママの勘はだいたいはずしません。
病院へもし行くことになった場合、絶対自分で運転したりしないようにしてくださいね。

家で大丈夫と思っていても、急に痛みが増す場合があります。
家族の方への連絡もお忘れなく。

まとめ

6f2480c2243f0481bc042298d26b8e66_s
出産は人それぞれなのでこうだよーということが一概に言えません。
痛みについても全く平気だったという人もいれば、痛くて死にそうだったという人もいます。

ただ、これだけは自信を持って言えます。
産んだ後、とにかくほっとします。

そして安堵感とともに、嬉しい気持ちがこみ上げるはずです。
中には時間がかかりすぎてぐったりする人もいるかもしれませんが赤ちゃんを見た時は本当に幸せな気分になれます。

痛いかもと恐怖でいるより、その幸せな気分が味わえると信じて、出産の瞬間を楽しみにしてくださいね。
準備は出産予定日よりもかなり前からすることをオススメします。

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事