ホワイトデーなのに何も返さない男の人や彼氏って何なの?実はあなたに原因があるかも?!

ホワイトデーなのに何も返さない男の人や彼氏って何なの?実はあなたに原因があるかも?!

バレンタインにせっかくあげたのにまったくお返しがないってなんなの?!と

思っている女性も多いでしょう。

しかし、男性には男性なりの考えがあります。

今回はなぜホワイトデーにお返しをくれないのか?その心理について迫ってみます。

意外にもあなたに原因があるのかも?!

ホワイトデーを忘れてしまっている!

男性というのは、とくにイベントに対して興味が薄い人がたくさんいます。

中には結婚記念日すら忘れている人もいて、嫁にすごい怒られている人もいますよね。

とくにホワイトデーはバレンタインのおまけのようなものですし、あまり特集されていることもありません。

デパートとかに買い物に行く男性なら季節ごとで催事されているものがあるので

ホワイトデーもそんな季節かと気が付くこともあります。

しかし、仕事続きでスーパーにすら買い物行けない男性がたくさんいるので

ホワイトデーだと気がつかない人がたくさんいるんですよね。

お返しが欲しい場合はきちんとおねだりしてみる

忘れていることが多いので、あえておねだりしてみましょう。

バレンタインのときにはお返しはいらないといってしまうものの、

ついついお返しを期待してしまいますよね。

欲しいんだったらきちんと言葉にしないと男性には伝わりません。

可愛くオネダリすれば相手も悪い気はしないはず。

もしかしたら彼女がいるかも?!

実はあまり公言していないだけで彼女がいる可能性があります。

人としてお返しするのが常識ではありますが、変に返して「好かれている」と思われるのも

困ってしまいますよね。

そうなると、返さないという手段に出る人が多いでしょう。

中途半端にお返し貰うよりも潔くていいかもしれません。

申し訳ないけど…付き合いたくない

残念な話でもありますが、そもそもあなたに興味がなかった場合、お返しを貰えない可能性があります。

好意をもっている相手だとどうにかしてお返しを考えますが、そうじゃない場合は

もらったことすら忘れてしまっていることも!!

残念ながらまったく脈がないのでお返しを期待することを諦めましょう。

あまり接点がないとなにを返していいかわからない

自分の彼女とかだったらある程度趣味がわかりますし、一緒に連れ立って買い物するのもいいと思います。

しかし、問題なのは、あまり接点のない女性からもらった場合です。

お返しするならお菓子が一番無難ですが、どうせお返しするなら喜ばれるものを贈りたいもの。

相手が何かのアレルギーでお菓子が食べられない可能性もあるので、バレンタインをあげるときには

ある程度知り合いになっておく必要があります。

知らない人からバレンタインをもらってもお開始に困ってしまうだけですよ。

人の目が恥ずかしい

お返しをするときって、どんなシュチュエーションでお返しするのでしょう?

イメージ的には二人きりで返すと思うんですが、時間の都合でどうしても会社にいるときにしか渡せない

という人もいますよね。

義理チョコならみんなの前で手渡ししても恥ずかしくはありませんが、好意を持っていた場合、

人がいる場所で渡すのはなんとなく気恥ずかしいものです。

お返しをくれないのはあなたに原因がある!?

これまで男性目線でお返しをしないというのを考えてきましたが、女性側にも問題があった、という可能性もあります。

なぜ女性側に問題があるのかを考えてみましょう!

バレンタイン自体手抜きした

バレンタインの手抜きってなんでしょう?

いつもは手作りをくれていたのに市販の(しかも安い)チョコとかだったりすると

相手の男性も「今年はあまりお返しを奮発しなくてもいいな」と考えてしまいます。

とくに付き合いの長い交際をしているとどうしても付き合った当初と同じ気持ちではいられません。

男性側も手抜きの気持ちがわかってしまうとお返しすらしなくてもいいかと考えてしまいますよ。

毎回豪華なものを渡せなくても、心のこもったものをプレゼントしたいですね!

お返しをしないのは男女の価値観の違い

何度も言っていますが、男性は記念日を大切にしたりする人はあまりいません。

しかし、女性は記念日を大切にしたがります。

バレンタインというと、女性からの愛の告白というのがつきもので、女性は前日から

気合を入れて告白の言葉などを考えたりします。

しかし、男性の場合は受け身でいることのほうが圧倒的に多いですし、

そういったイベントにかこつけなくてもいつだって告白できるからあまり気にしないんですよね。

ホワイトデー=告白の返事と考えてしまうと付き合いたくないと考えている場合はお返しすることすら嫌になります。

なんでお返ししなきゃならないの?

男性の中にはこうした考えを持っている人もたくさんいます。

意地悪い人なら「お返しがほしくてプレゼントくれたの?」なんて言ってしまう人も!

人はギブ&テイクで成り立っているもので、貰いっぱなしになってしまうといつの間にか関係が壊れてしまいます。

一方的にくれたものだからお返ししなくてもいいなんて考えないで相手のことを思いやってください。

まとめ:今年はお返しがもらえるように仕向けよう!

いかがでしたでしょうか?

ホワイトデーはお返しをする日だと決めたのは誰だったんでしょうね?

人によってお返しに関して考えは様々ですのであまり押し付けないようにしたほうがいいでしょう。

しかし、ついつい期待しちゃうのがホワイトデーなので、今年はかわいくおねだりしてみてくださいね。

この記事があなたの役に立ってくれることを祈っています。

1082 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事