壊れたエアコンの処分はどうすれば?処分方法と費用、エアコン無しで過ごす方法

壊れたエアコンの処分はどうすれば?処分方法と費用、エアコン無しで過ごす方法

寒さもようやく和らぎ、春の日差しが気持ちいい季節になりました。
この気持ちいい季節もすぐ梅雨になり、夏がやってきますね。

夏に活躍する家電といえばエアコン!です。
北海道だとそこまでエアコンは必要ありませんが、本州や沖縄方面の方だとエアコンは必需品ですよね。

夏本番!というときにエアコンが壊れた!となると一大事です。
そんな時に処分方法や費用、そして涼しく過ごせる方法をお教えします!

本当に壊れた?チェックの仕方

夏本番に向けて使っていなかったエアコンをつけてみると冷たい空気が出てこない、暖房にしたら寒い!等、つけてみたら不具合に悩まされることもしばしば。

そんな時に本当に壊れているのかチェックする方法があります。
まず見てみるのは「温度設定」です。

冬にずっと使っていたエアコンを暖房にしたままにしていませんか?
暖房設定で温度だけ下げても結局は暖房ですので暑くなります。

冷房に切り替えるだけですのでまずはそこをチェックしましょう!
次に見るのは「フィルター」。

エアコンの蓋を開けると見えるアレです。
このフィルターを掃除しないとうまく送風できず、熱が溜まってしまいます。なので外して洗ってみましょう。

洗い方は使い古した歯ブラシでこすったり、雑巾で拭きとる程度でもOK。
あまりに汚れがひどい時は重曹を溶かした水でスプレーし、時間をおいてからタオルで拭きましょう。

そんなんじゃとれない!という方はエアコンスチームクリーナーで。
これは殺菌も期待できるのでおすすめです。

安いものだと3980円からありますのでぜひともチェックしてみてください。

あと盲点なのが「室外機」

この室外機が日光に当たっていると上手く熱交換ができず冷たい風を送ることができなくなることがあります。
やはり日光に当たっているより日陰の方が涼しいのは機械も一緒。

ホームセンターで売っている室外機用のシートなどを被せておくことでも状態は緩和されるので試してみるといいと思います。
フィルターを綺麗にしてもシートかぶせてもダメ!という方はもしかしたらガス欠やガス漏れを起こしている可能性があります。

素人がガス交換するのは大変危険ですので、その場合は近くの業者に頼みましょう。
以上、壊れたチェックを書いてきましたが、あなたはどこに該当しましたか?

やっぱり壊れてる!エアコンはどう処分するの?

上記の事を試してやっぱり壊れてる!買い換えようという方はこちらも合わせて読んでください。
2001年から施行された家電リサイクル法。

施行される前は粗大ゴミ扱いで小売業者で処分してもらっていたと思いますが、施工後、処分してもらう場合リサイクル法によって料金を払わなくてはならなくなりました。

この料金はどこでも均一で、

テレビ  2700円

冷蔵庫  4600円

洗濯機  2400円

となっています。

エアコンは3500円ですが、テレビや冷蔵庫は大きさによっても値段が変わってきます。

自分の持ち込みであれば、この料金だけで済むのですが、曲者なのが運搬費用!
業者に頼むともれなく運搬費用も請求されます。

しかもこの費用は金額が法律で定められていないので、業者が好きに設定できるのです!
なので、A店では1000円なのがB店では2500円だったりと小売店により様々。

ですので運搬費用はしっかりと確認しておきましょう。
自分で外してエアコン持ってくぜ!って方はまず道具を用意しましょう。

こちらのサイトに取り外し手順が書かれています。(外部サイト)

このサイトにも書かれていますが、電気の知識、道具がない等できそうになさそうならプロに任せましょう。
人の手がかかるのでどうしても費用がかかりますが、自分が怪我してしまうことを考えれば必要経費です。

ちなみに、買い替え処分の際もリサイクル料金がかかりますので注意してくださいね。
料金は引取りに来てもらう業者に「リサイクル料+運搬料」を支払えばOK。

自治体の場合は郵便局で券を求めてください。

冷房がないときの夏の過ごし方

エアコンなしで過ごさないとならなくなったら本州方面の方は大変ですよね。そんな時に活躍するのは扇風機!

でも暑い部屋の中で扇風機を回してもむしろ暑かったりするんですよね。
特にパソコンとかをつけているとそれだけで熱を持っているので室内温度が30度を越えたりすることもしばしば。

どうやって涼しく過ごすのかというと、扇風機の前に氷をおいてみる。意外とこれが涼しく感じるんです。
ただ室内自体が暑いので氷がすぐ溶けてしまうのが難点ですが。定番といえるのが脇の下や首筋に保冷剤をあてておく。

これは全身に回る血液を冷やすことで涼しく過ごせます。あと、食べ物でも体を冷やす効果を期待できますよ。

きゅうりやスイカ、ウリ科の食べ物は体を冷やす作用があります。
他にはトマトやナスなど、夏時期が一番美味しいものが熱を下げる効果のある野菜が多いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これから夏に向けて暑くなってく一方ですので、一度エアコンのチェックをしてみては?
暑さを和らげてくれる食べ物を食べて夏を乗り切りましょう!

914 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事