雑談は本当にくだらないのか?くだらない話こそ人との距離を縮める理由と訓練方法

雑談は本当にくだらないのか?くだらない話こそ人との距離を縮める理由と訓練方法

コミニュケーションをとるための雑談がくだらないと感じている人いますよね。

雑談でお互いの仲を縮めていくものですが、それを放棄するということはその人と仲良くなりたくない

という気持ちの表れでもあります。

しかし、雑談することによって適度に緊張がほぐれて仕事でもより質の高いパフォーマンスができるようになることがありますよ。

今回は雑談は本当にくだらないことなのかを考えていきましょう。

雑談は適度にすることで相手とのコミュニケーションをはかれるツール

雑談のいいところは、相手とのコミュニケーションがとれるところです。

コミュニケーションが取れやすい相手だと仕事もスムーズにはかどりやすいですよね。

世の中には積極的に雑談に参加する人間としない人間がいます。

どちらが悪いということもありませんが、円滑に仕事をするならある程度コミュニケーションを取っておいて

損はありません。

雑談の内容がわからない

雑談が苦手、という人の多くは雑談で何を話したらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか?

あかまるもどちらかといえば人見知りもしますし、雑談というのが苦手だったりします。

雑談というのは何を話してもいいんですよ。

それこそ天気の話だけでも立派な雑談になります。

昨日見たテレビの話だけでも立派な雑談ですよ。

注意したい雑談内容

雑談なので、何を話してもいいんですが、雑談だからといって人の悪口を言うような雑談はやめておきましょう。

その雑談で誰かの悪口で盛り上がっているということは、自分がいない時に

自分の悪口で盛り上がっている場合があります。

そんな人たちと仕事だけの関係であっても親しくしたくありませんよね。

雑談が始まって悪口を言い出したらそっとその場を離れることをおすすめします。

悪口は人を向上させることはありません。

悪口で結託している人間関係はそれだけしかないんですよ。

そんな中に入って自分の評価を下げる必要はありません。

そんな雑談なら自分から手を切って正解です。

くだらない雑談でもストレスは解消される

雑談の何が楽しいの?と思う人もいますね。

雑談することでコミュニケーションがとれるというのもありますが、和んだ空気にもなりますよ。

ギスギスしているよりも和みながら仕事をしたほうが精神衛生上いいです。

ただ、上記で述べたように人の悪口をいうような雑談はやめましょう。

それこそ本当にくだらない雑談です。

雑談力を高めるには普段のアンテナが重要

雑談力を高めるにはどうしたらいいでしょう?

それは普段から会話になりそうな話題のアンテナを広げておくことです。

天気の話からでもいいですが、やはりそれだけだと話題に広がりがありません。

「天気いいですねー」

「そうですねー」

「明日も晴れる(雨が降る)そうですよー」

とこんな会話になってしまい、あまり会話の広がりがないんですよね。

雑談力を高めるにはまず世間では何が流行っているのか調べてみるといいでしょう。

ちょっと前だと逃げ恥のドラマが流行っていて会話にしやすかったんじゃないでしょうか。

今だとタラレバ娘も話題にしやすいです。

雑談ってどうしてもしなきゃならないの?

無理して雑談をする必要はありませんが、人と人が結びつくときは基本的に雑談することでつながっていきます。

あかまるも前の職場ではおばちゃんたちに可愛がられていたと思いますが、なぜ可愛がられていたのかというと、

やはり雑談することで仲良くなっていったからなんです。

時折めんどくさいなーと感じることもありましたが、やはり雑談しているときは楽しいですね。

あなたも人と関わるのをめんどくさがっていないで話しかけてみてはいかがでしょうか?

会話が途切れやすくて話すのが嫌になる

雑談が苦手だという人の中に会話が途切れやすいという人もいますよね。

話し出して止まるとそれ以上話すことができなくなってしまう人も多いでしょう。

あかまるもどちらかというと話せない人間なので気持ちはすごいわかります。

会話が途切れてしまうということは、自分から話題を提供できていないから会話が途切れてしまうんですよね。

食い気味に話をするのは余裕がなさすぎるので、流れに沿って話題を出してみましょう。

雑談はいかにくだらない話をするかにかかっている

雑談というのはいかにくだらない話をするかにかかってきます。

仕事の最中は真面目な話をしていて当たり前ですが、それ以外はくだらない話をして笑っていたいですよね。

内容がない会話は嫌だという人は、どちらかというと男性的な脳をしているんじゃないでしょうか。

女性は次から次へと会話の内容がどんどん変わっていきますが、男性の場合は結論がない会話は嫌がるものです。

なので、雑談していても男性の場合は結論を求めるから難しいのかもしれません。

明石家さんまと話をしているとオチのない話は嫌がりますよね。

明石家さんまは雑談しているように見せてオチを求めているので雑談には向かない性格なんでしょう。

まとめ:雑談はできたほうがいい!少しずつ会話に入れるようになろう!

いかがでしたでしょうか?

人間関係を円滑にするためには多少の雑談はできるようになっておいて損はありません。

もし自分から話題を出せない時は場の雰囲気に合わせてニコニコしていてもいいんじゃないでしょうか。

この記事があなたにとって役に立つ事を祈っています。

126 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事