魚の目を自分で治すにはどうすればいいの?早く治すコツと予防法

魚の目を自分で治すにはどうすればいいの?早く治すコツと予防法

「足の裏に何かできてる」
かたいマメのような何かができてる、しかも痛い!
そんな経験はありませんか?
それはもしかしたら魚の目かもしれません。
魚の目が出来てしまったらとても痛いですよね。
そんな魚の目の治療法や再発防止法などご紹介します。

ほおっておくと大変!今すぐに治したい魚の目の対処法とは

63de5cc0fd8208dcef1d544c1d4535c2_s
何か足にできていて、まめと思っていたらなかなか治らないし、何だろう?
マメやタコと見分けのつきにくい魚の目ですが、ほおっておくと痛みも出てきますし大変です。

魚の目ってなぁに?

魚の目とは名前の通り、お魚の目のような形で、足の裏や足の指に主にできるのが特徴です。
子どもや女性になりやすく、足に合わない靴やハイヒールやサンダルをよく履くからではと言われています。
足に負担がかかったり、無理な圧迫がかかったりということなどでできやすくなります。
魚の目は皮膚の角質の一部が分厚くなり皮膚の深層部にまで侵入するため、なかなか治りにくく痛みも伴います。
ウイルス性のものではないので人に感染ことはありません。

魚の目とタコやまめやイボとの違いって?

簡単な見分け方としては、たことマメやイボはさほど痛みを伴わないのですが、魚の目はとにかく痛いのが特徴です。
タコは全体的に黄色っぽいかたまりで、マメは白っぽい感じ、イボは茶色く盛り上がることが多いようです。
魚の目は芯があるために真ん中に目玉があるように見えます。
見た目ではなかなかわからないこともあるので、参考程度にし、悪化しないうちに病院受診をオススメします。
魚の目やタコなどと思って簡単に考えていたらウイルス性のものだったということもあるので注意が必要です。

魚の目の原因とは?繰り返す魚の目に注意!

魚の目ができる原因はいくつかあります。

ハイヒールやサンダルなど足に負担のかかりやすい靴を履いている
大きい、小さい、幅が狭いなどサイズの合わない靴を履いている
長時間歩くことがある
立ち仕事で働くことが多い
足が冷えやすい、血行が悪い
足の肌がカサカサするほど乾燥している

足に負担がかかりやすい状態が続くと、靴ずれからも魚の目に発展する場合があります。
負担ばかりかかるので皮膚を固くして分厚くし、外的刺激から守ろうとする反応ともいえます。

魚の目の処置の仕方 治し方とは

魚の目ができて痛みがひどい場合は、やはり病院に行くのが一番です。
病院に行くほどでもない、と思えば自宅でも簡単な処置は可能です。

病院での一般的な処置の仕方
角質層をふやかして白くやわらかくし、削り取った後、薬をぬって治します。ひどい場合は、手術やレーザー治療になる場合もあるようです。
自宅での簡単な処置の仕方
痛みが少なく、初歩段階の魚の目・・・保護パットを使用しながら軟膏を塗り、皮膚をやわらかくする。
痛みがある魚の目・・・角質をやわらかくする「サリチル酸」を含む絆創膏(スピール膏)を貼り、3~5日程度続けることで芯が取れます。(取れない場合はピンセット)

魚の目の注意点 再発防止とは

魚の目は再発しやすく、繰り返すことが多いといわれています。
何度やっても再発する場合はやはりきちんと皮膚科を受診することをオススメします。
魚の目をまた作らないためにも、日ごろから再発防止に向けて予防を心がけましょう。

魚の目の予防法 毎日続けたい予防ケアとは

魚の目ができないためにはやはりいくつかのポイントがあります。

履く靴は足に合ったものを選ぶ
毎日履く靴はハイヒールなどではなく、疲れにくい靴を履くようにする
靴を履く時には靴下を着用する
歩き方や歩く時の姿勢を正しくするように心がける
魚の目ができやすいところに保護パットを使う

靴はやはり足に合ったものを選ぶことが大切です。履く時にも魚の目ができないような工夫を心がけましょう。

足を冷やさないようにする
足の血行が良くなるようにマッサージをする
足の乾燥を防ぐために保湿クリームを塗る

足のケアを日頃から習慣にするようにし、魚の目ができにくい足に改善していきましょう。

まとめ

adf514d960a6d39d57068bed4aa4153f_s
魚の目はできるととても痛く、苦痛なものです。
あまりひどい場合は病院受診が一番ですが、軽い場合は薬局でも手に入る市販薬で簡単に治ります。
ほおっておくと悪化して、再発もしやすくなってしまうので早めの処置ができるといいですね。
そして試してみてしばらくたってもよくならない場合は、病院に行けばきれいに治りますので早く治すようにしてください。
足のケアをしっかりすれば再発も防げるので、習慣にしたいですね。

1529 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事