一戸建てマイホームを購入して良かったと心から実感できること

一戸建てマイホームを購入して良かったと心から実感できること

賃貸生活も終わり、とうとう夢のマイホームへ!
住んでみて「よかった~」という話を聞いたら
早くマイホームを建てたい!と思いませんか。
そんなマイホーム購入で「よかった」と思えることをご紹介します。

マイホームが「よかった」と思える経験談

ee913850f2affae439e785f12fca3393_s
マイホーム購入というのは一大決心です。
誰もがその家に一生住むつもりで建てるものです。
家が理想でも、周りの環境は住んでみないとわからないことがあります。
「よかった」と思えるのは住んでからの住み心地がポイントです。

隣人、町内会、人との関わりが「よかった」

よく、隣人トラブルなどをニュースで聞くことがありますがそんなことがあったら、せっかくの生活が台無しになりますよね。

新居を建てて引っ越した時にあいさつ回りで近所で顔を合わせることはあっても、実際住んでからドキドキするものです。
やはり自分から積極的に隣人の方とあいさつしたり、同世代なら子供の話をしたりと仲よくしようと努めれば、いざという時力になってくれたり、困ったときに助け合うことができます。
また住宅街なら町内会にも参加することで自分の子供たちの安全や生活の支えになります。

賃貸に住んでいると隣人が誰なのかさえ分からないこともあり、交流もほとんどないと思います。
一戸建てに住むと、やはり人付き合いは必須です。
それが苦手と思う人もいるかもしれませんが、子供を持つ親になると情報をもらえたり、交換したり見守りあったりすることのありがたさを感じるはずです。

中には子供も同級生で小学校に上がるころには仲良しになり、家族同士も仲良しで年に1度一緒に家族旅行に行く、なんて仲良しお隣さんになれることもあるようです。
子どももママもそんな仲良しを見つけられたら、最高ですね。

学校や、駅、スーパーなど近くて「よかった」

生活している中でふとよかった、と思うのがやはり立地です。
学校に近い、駅に近い、スーパーに近いなどの利点がどれか一つでもあれば
「便利で安心」と思いますよね。
賃貸を借りるときもなんとなく考慮するとは思いますが、マイホームはいろいろ考えてそこに移り住むわけですから
そういう利点を感じて「よかった」と思うのです。

子供が騒いでも気にならないから「よかった」

賃貸というのは壁一枚で他人が住んでいます。
上下に住んでいる場合も上や下に子供の声や足跡が聞こえないかな、などと生活音は気になるものですよね。
マイホームなら、やはり多少の子供の声なら「うるさい」と言わなくてすみますし
足音や子供が走ってもそんなに気になりません。
なによりママの「怒り声」も聞かれなくて済みますよね。
それでも窓が開いていたらご近所に聞こえますので、その辺はご注意を!

憧れの庭があるから「よかった」

マイホームにはやはりお庭です。
たとえどんなに小さくてもお庭はお庭。自分の好きなお花やちょっとした家庭菜園も作ることができます。
ガーデニングが好きな人にはたまりませんね。
子どもたちも遊ぶ場所ができて、春は虫探し、夏はプール、冬は雪遊びなんてこともできますよね。
お父さんに頑張ってもらってちょっとした砂場やブランコがあったら、もう文句なしです。
賃貸だと公園に出向かなければいけないところを庭先ですむなんていいですね。

お金が無駄だと感じない「よかった」

賃貸の場合、家賃を払わなければいけません。
家賃並みでローンが組めたら、家が自分の財産になるわけです。
賃貸だとやっぱり家賃がもったいなく感じてしまいませんか?
ローンが家賃並みでも一軒家はその他にも家の保険や固定資産税などちょっと出費はありますが
やはり家賃のようなお金がもったいないという感覚は、減ります。

ペットが飼えるから「よかった」

賃貸で犬猫などのペットを飼うのは難しいですよね。
一戸建てではペットを飼うことができます。
ただし、犬の吠える声や、糞や散歩などで住民とトラブルにならないよう、細心の注意が必要です。
飼われる動物も賃貸にはない広い空間で飼われたらのびのびとして幸せですね。

賃貸にはない開放感が「よかった」

自慢のお庭で気候のいい時にはバーベキュー、広いリビングでホームパーティなど、友人を気兼ねなく呼んで楽しむことができます。
客人用のお部屋があれば、お泊りも可能ですし、子供に友達ができた時も気兼ねなく遊べます。
一戸建てだと友人を気楽に招待でき、一緒に楽しめる開放感を味わうことができます。

働く力になり、老後の安心感が「よかった」

やはりパパにとっては一国の主になれるわけです。
主となり、城を構えるのは男のロマンですね。
その城を守るために、一生懸命働かなきゃ、と思えるのです。
ママも同じ気持ちで家をきれいにしようと努めます。
こうして家族が一丸となって頑張っていたら、幸せが続きますね。
そして気づいたら老後・・・でもローンも払い終わって、家があったら、安心ですね。

まとめ

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s
あれこれ考えてマイホームを建てることと思いますが
やはり一番良かったと実感するのが「住み心地」です。
家の構造も大切ですが、周りの環境も大切です。
土地を決める際にはある程度の周りの環境を考慮し、地域性やしきたりなどを知っておくことをオススメします。
まだ小さいお子さんがいる場合や、若い夫婦ならやはり同世代が住んでる
新興住宅地がおススメです。
昔ながらの土地に急に若い夫婦が入って苦労するという話は意外とよくある話です。
全員と仲よくとは言いませんが、挨拶が誰とでもできる程度の関係は築きたいですね。
一生のお城に住めるように、素敵な環境を見つけられるといいですね。

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事