子供の食べるときの音がうるさい…不快なクチャラーにさせない方法!

子供の食べるときの音がうるさい…不快なクチャラーにさせない方法!

いくら可愛いお子さんでも、やっぱり食べ物を食べる時クチャクチャ言わすのは我慢できない!って感じませんか?

家庭により様々ですが静かに音をたてないように上品に食べているお子さんもいれば、口をクチャクチャさせて音をたてまくって食べているお子さんもいるもしれませんね。

静かに食事ができるお子さんは親御さんが特に指導をする必要はありませんが、お子さんがクチャクチャ音を立てて食べるクチャラーの場合は親御さんがしっかり指導をしておかないと、大きくなって、公の場やビジネスシーンで重要な人物と食事をする場合に大恥をかいてしまいます。

もちろんそんな大きな話にしなくても、友達や彼氏彼女と一緒にごはんを食べるときなんかに相手を不快な思いにさせてしまうこともあるのです。

そんな状況にお子さんが将来遭遇しないために、ここでは食べるときの音がうるさい子供をクチャラーにさせない方法をご紹介させて頂きたいと思います。

「子供がクチャクチャ音を立てて食べるがイヤ!食べ方をなおしたい・・・」とお悩みの親御さんは、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

もう嫌!どうしてクチャクチャ音がするの!?

syokuji_boy

お子さんがクチャクチャ音を立てて食べるクチャラーだったら本当に困ってしまいますよね。

家族みんなで食事をしているときもその音が気になって食事を思いきり楽しめないでしょうし、外出先(例えば親戚の家など)で食事を楽しむときにも子供のクチャクチャ食べる音が周囲に迷惑をかけていないか心配で食事をさっさとすませてしまいたいご家族もいるかもしれませんね。

では、クチャラーのお子さんはなぜ食べるときにクチャクチャ音がでてしまうのでしょうか。

それは、口を開けた状態でものを噛んでしまうため、クチャっという音が発生してしまうのです。実にシンプルな理由なわけですが、口を開けたまま咀嚼してしまうのにはいくつかの身体的原因があります。

例えば、上の歯が出ている出っ歯の人や下の歯が出ている受け口の人はかみ合わせが悪いので、食事中に物を食べているときにどうしても口が開いてしまうんですね。それで口を開けた状態で食べ物を噛んでしてしまうことになり、クチャクチャと音を立ててしまうのです。

そのほかにも、普段から鼻呼吸をせずに口呼吸をしがちな人は、口を開く癖がついているため、食べているときも口が開きがちになってしまい、クチャクチャ音を立ててしまうのです。

さらに、舌の下の舌小帯が短いせいで口の奥に食べ物を運ぶことができずに口の前のほうで食べ物を噛むことしかできなのが理由で口が開きがちになりクチャクチャと音を立てて食べてしまう場合も。

重要なのは口を開けて噛む事で音が出てしまう、ということですね。

口を閉じて食べることを習慣づけさせよう!

お子さんが出っ歯や受け口がの場合は、歯科へ行って歯の矯正をしてもらえば口を閉じて食事をすることができるようになりますので、クチャラーをなおすことが可能になります。

また、口で呼吸をすることが癖になっている人は、自分で普段から意識的に鼻呼吸をするように心がけるようにしていけば、クチャクチャ音を立てて食べるクチャラー状態を改善することができるでしょう。

基本的には口を閉じて噛まないことが原因なので、意識すればある程度は改善できるのです。

ただし、慢性的な鼻詰まりや鼻水などで鼻呼吸がしづらい場合は、かかりつけの医師に相談してしっかりと治療をしてもらう必要があります。

慢性的な鼻詰まりや鼻水が改善され、鼻呼吸ができるようになれば、お子さんのクチャラー状態も改善され、口を閉じて食事をすることができるようになるでしょう。

またお子さんが、鼻水が出ているときは、食前に鼻をかんでおけば、食事中に鼻呼吸をしやすくなりますので、クチャラー状態に陥らないようにすることが可能になります。

なぜ食事中のクチャクチャ音は気になるのか?

食事は音を立てずに静かに食べるというのが理想(もちろん楽しい会話は大いに結構)。箸で食器を叩いたりクチャクチャ音を立てるのはマナー違反とされていますが、個人的にはクチャクチャ音の方がキツイです。

子供のクチャ音は治せますが、大人になるとその食べ方が当たり前になっているので、指摘してもまず直してはくれません。

右からクチャクチャ、左からもクチャクチャ音がすると本当に不快極まりないのですが、気にしすぎると変なストレスになるので、周囲の音ばかり気にしないようにすることも状況によっては大切です。

家族がクチャラーなら改善したいと感じてしまうかもしれませんが、改善できない場合もありますから自分が臨機応変になることも大事と言えるでしょうね。

まとめ

vr_mr_syokuji

お子さんのクチャラー状態を改善するには、食べ物を咀嚼するときに口を閉じている状態をキープさせる必要があります。

そのためには、歯列矯正や普段から鼻呼吸をするように気を付けるなど、上記でご紹介いたしまし対処法を行ってください。

そうすれば、クチャラーだったお子さんも自然と口を閉じて音を立てることなくきちんとお食事をすることができるようになるでしょう。

(最終更新:2018年1月23日)
by
669 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです