テレビや冷蔵庫、オーブンなど不用家電はどうやって処分する?家電別処分方法まとめ

テレビや冷蔵庫、オーブンなど不用家電はどうやって処分する?家電別処分方法まとめ

昔はよくもえないゴミの袋に入れば捨ててもいいというルールがありましたが(あかまるの地域だけ?)

現在では細かく処分の仕方を指定されるようになりましたよね。

家電っていまいち捨て方がわからない…、という方に処分の仕方をお教えしましょう!

分かっているようでわからない家電の処分の仕方をまとめてみました。

テレビや冷蔵庫など粗大ゴミで捨てれません!

最近良くテレビでも言われるようになったのは、リサイクル法という法律です。

この法律は勝手にテレビや冷蔵庫を捨ててはいけません、処分するときはきちんと

お金を払ってください、というものです。

捨てるのにお金かかるならその辺に捨ててやるわ!と不法投棄もたくさんあって困ったこともありましたよね。

みなさんの地域では家電はどのように処分するように言われていますか?

多分全国的に大体処分の仕方は同じですので、種類別に処分の仕方を見ていきましょう。

テレビの処分の仕方

まず、テレビを処分するときにはなにが必要になるのかを覚えておきましょう。

テレビを処分するときはまずリサイクル料というのが発生します。

リサイクル料の他に運搬費用もかかってきます。

この運搬費用というのは、業者が引取りに来た時に払うものなので、

自分で店にテレビを持ち込んだ場合は運搬費用はいりません。

リサイクル料はテレビメーカーによって費用が違いますので、自分のテレビメーカーが

どのくらいのリサイクル料がいるのか確認が必要です。

テレビの大きさにもよりますが、だいたい平均すると3000円前後であることが多いので、多めに見積もって

5000円くらいあれば処分できるでしょう。

冷蔵庫の処分の仕方

以前は粗大ゴミとして捨てることができた冷蔵庫ですが、冷蔵庫の中に溜まっている

フロンガスの問題もあり、リサイクル法で処分するにはお金がかかるようになりました。

冷蔵庫の場合は、大きさによってもリサイクル料金が変わってきます。

基本的にほかの家電製品もリサイクル料金+運搬費用がかかってくるので覚えておきましょう。

購入から2~3年程度ならリサイクルショップに持ち込んでみよう!

購入してからまだ日が浅い家電製品ならリサイクルショップで引き取ってくれるかもしれません。

もしリサイクルショップで引き取られるなら買い取ってもらえる上に、リサイクル料を

払わずに処分することが可能です。

きれいに使っていれば買い取ってもらえる可能性も高くなるのできれいに使っておいて損はありませんね。

買い換えるときに引き取ってもらおう

家電を買い換えるときは、業者に引き取ってもらうことができます。

テレビだけじゃなく、冷蔵庫、クーラーなども引き取ってもらえますが、

このときにもリサイクル料と運送料がかかりますので覚えてくれてくださいね。

一番めんどくさくない方法は買い替えの時に引き取ってもらうほうが一番楽でしょう。

買った時の電器店に引き取ってもらう

とくに買い替えを考えてなくて引き取ってもらいたいだけの時は、買った時の電器店に持込してもいいでしょう。

そのときはリサイクル料金だけ払えばいいので、処分するなら楽かもしれません。

自分で家電を持ち込む

自分で家電を処分する場合は、リサイクル料を郵便局で支払ってから持ち込む必要があります。

持ち込む場所も自治体によって違うので調べなくてはなりません。

こちらで持ち込む場所を調べることができます。

不用品回収業者に依頼する

何処に持ってっていいかわからないときは、不用品回収業者に頼むといいでしょう。

ただ、不用品回収業者に頼んでしまうとリサイクル料の他に運搬料+αでかなり料金がかかってきてしまいます。

利用するときは家電製品だけではなく、他にもいらない粗大ゴミも一緒に処分したほうが

お得に処分できるかもしれません。

電子レンジは粗大ゴミ?自分で処分してもいい?

テレビやクーラー、冷蔵庫はリサイクル料がかかるものだというのは一般的に

浸透していると思いますが、電子レンジってどういう風に処分していいかわからない人も

多いのではないでしょうか?

電子レンジは業者でも家電量販店でも引き取ってもらえます。

結論から言うと、電子レンジは粗大ゴミの扱いになるので、粗大ゴミの日に出すのが一番でしょう。

処分することでとくに料金がかかるわけではないので、粗大ゴミの日を調べて捨ててくださいね。

まだ使えそうなら格安でオークションにかけるのもありです。

ガスオーブンはどう処分したらいい?

ガスオーブンは基本的に自分で処理せずにガス業者に頼んで処分してください。

場合によってはガス漏れの原因になって火災が発生する場合があります。

とくに市や町で運営しているアパートなどは自分でガスレンジを交換することはしてはいけない

という規定があるはずですので、自分ひとりで処理しようとしないでくださいね。

処分するのがめんどくさかったら知り合いに譲る

いちいち処分するのがめんどくさくなったら、知り合いに譲るのも一つの手です。

自分はいらないものが無料で処分ができるし、欲しい人にとってはありがたい話ですよね。

処分するときはまず欲しい人がいないか探してみるのもいいでしょう。

家電の全てに共通することは自分で処理ができない

テレビ、冷蔵庫、クーラー、洗濯機はリサイクル料を払わないと処分できません。

自治体によって料金やもって行く場所も様々でどこに持っていきましょうと言えないのが実情です。

一番確実なのは、家電量販店で処分の仕方を聞くことが一番じゃないでしょうか。

大体家電を扱っている店は処分も引き受けてくれるので相談してみたらいいでしょう。

まとめ:家電は基本的に業者に処分を任せよう!

いかがでしたでしょうか?

製品が新しい場合はリサイクルショップに持ち込んでリサイクル料を浮かせましょう!

古い家電製品は売ることができないのでお店に相談するか、業者に処分を依頼したほうがいいですね。

この記事があなたにとって役に立つことを祈っています。

145 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事