友達と喧嘩で気まずい関係に。どうすれば関係を改善できるのか考えよう

友達と喧嘩で気まずい関係に。どうすれば関係を改善できるのか考えよう

小学生・中学生・高校生のお子さんたちの学校での楽しみのひとつといえば、お友達同士でわいわい楽しく遊んだり、語り合ったり、授業やクラブ活動を頑張ったりすることですよね。
でも、どんなに仲の良いお友達同士でも、時には意見の食い違いで喧嘩をしてしまい気まずい関係になったりすると思います。

そのまま友達関係をフェードアウトしてもいいのなら放っておいてもよいのですが、元通りの関係を改善したいのであれば何らかのアクションを起こさなくてはいけません。

ここでは、そんな学校のお友達と喧嘩をしてしまったお子さんのために、喧嘩したお友達とどうすれば関係を改善できるのかについておすすめの対処法をご紹介させて頂きたいと思います。

「喧嘩をしてしまったお友達と仲直りしたいけれど、どうしたらよいのかわからない・・・」とお悩みの小学生・中学生・高校生の方は、ぜひ、喧嘩をしたお友達との仲直りの参考になる以下の記事を読んでみてくださいね。

喧嘩をしたお友達との関係を改善する対処法とは?

d318e5ee593e5a98d7272109d5fd4817_m

小学生・中学生・高校生のお子さんにとって学校でのお友達関係ってとっても重要ですよね。
これまで仲良くしていたお友達と喧嘩をして関係が気まずくなってしまったら、学校生活も楽しくなくなってしまうと思います。

そんな人のために、喧嘩をしたお友達との関係を改善するための対処法をご紹介させて頂きますね!

相手が悪いと思っていても自分の方から謝る

お友達と喧嘩をしてしまった場合、互いに相手の方が悪いと思って謝らないでいると、友達関係を修復することができずに、仲たがいしたままの状態になってしまう可能性があります。

喧嘩をした後、お友達関係をフェードアウトしたくないのであれば、自分が悪くなくても自分の方から相手に速攻で謝ってしまいましょう!

最初は、相手も発言をスルーした無視したりするかもしれませんが、気持ちを込めて一生懸命謝れば、「自分も悪かったかな・・・」「このまま仲直りしないなんて嫌だな・・・」と思い直してくれる可能性は高いです。

謝るなら、あまり時間をおかずにすぐに謝った方が、関係をこじらせることなくあまり時間をかけずに友達関係を修復することができると思いますよ。

時間をかけて怒っていないアピールをしながら普段通り接する

喧嘩をしているお友達と普段通りに接するのはかなり難しいのですが、ある程度時間をかけて「こちらは怒っていないんだよ」というアピールをしながら、会話も行動も普段通りにして相手に対して接するようにしましょう。

喧嘩していた相手が、普段通りに接しているうちに怒っていないことに気づき、「仲直りしたほうがいいのかも・・・私の方も悪かったし」と思ってくれたらその喧嘩していたお友達ときっと仲直りできるはずです。

仲直りしたいなら相手の悪口は絶対に言わない!

どんなに仲の良いお友達同士でもちょっとした意見の食い違いで喧嘩してしまうことはよくあることです。
そんな時には、つい相手の悪口を言ったり、無視したり、など攻撃的な態度を取りがちになりますよね。
でも、そんな態度をとっていたらいつまでたっても仲直りすることはできません。

喧嘩をしてしまったお友達と仲直りしたいのであれば、相手の悪口を言ったり、無視したり、などの相手が不快に思うような態度や行動を取ったりすることは控え、仲直りしたいという自分の気持ちを正直に相手に伝えましょう。

喧嘩してしまった相手も、不快なアクションを自分が起こさないということがわかり、元通り仲直りしたいという気持ちが伝われば、時間はかかるかもしれませんが、仲直りできると思いますよ。

まとめ

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_m

仲の良いお友達と喧嘩をしてしまった後、仲直りできないまま放置してしまったら後々公開するかもしれません。
「喧嘩したお友達と仲直りしたい!」と思ったら上記でご紹介しました以下の対処法を試してみてください。

  • 相手が悪いと思っていても自分の方から謝る
  • 時間をかけて怒っていないアピールをしながら普段通り接する
  • 仲直りしたいなら相手の悪口は絶対に言わない

そうすれば、時間はかかるかもしれませんがきっと仲直りできると思いますよ。

by
762 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事