小学生向け!卒業文集の王道でカンタンな書き方まとめ!

小学生向け!卒業文集の王道でカンタンな書き方まとめ!

小学6年生は卒業が近くなると、卒業文集用の作文を書かなくてはいけなくなりますよね。
でも、いったいどんな作文を書けばよいのか、どんな書き出しで始めたらよいのかわからない・・・という生徒さんも多いと思います。

そんな卒業文集用の作文の書き方がわからなくてお困りの小学生のために、ここでは、どういうタイトルでどういうことを書いたらよいのかについてタイトルや書き出しの具体例を挙げながらご紹介していきたいと思います。

卒業文集の書き方のヒントが欲しい!という小学生の方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

卒業文集の書き方

efc345efa29c0791864968e6d531b910_m

卒業文集には何を書いたらよいのかわからなくて困っている生徒さんは本当に多いと思います。
そんな生徒さんたちのために、タイトルの選び方から、書き出しの具体例を以下にご紹介させて頂きますね。

タイトルの選び方

卒業文集のタイトル選びの王道はやっぱり将来何になりたいか、どんなことを成し遂げたいかなどの将来の夢や、小学校生活の6年間でどんなことがあったかなどの小学校生活の思い出などだと思います。

例えば

「僕の将来なりたい職業」
「私の将来の夢」
「6年間の小学校生活で楽しかったこと」
「小学校の思い出」

などがありふれているかもしれませんが、無難なタイトルであると思います。

将来なりたい職業などは、あまりふざけすぎると、大きくなってから同窓会などで、突っ込まれたりしかねないので、できるだけ実現可能そうな職業を選び、本文もまじめに書くようにしましょうね。
将来、みんなに突っ込んでもらいたい!というのであれば、先生が許してくれる内容であれば、多少ふざけても大丈夫かもしれません。

書き出しの例文

卒業文集のタイトルは決まっているんだけれど、どういう風に書きだしたらいいかわからない・・・という生徒さんのために書き出し例をいくつかご紹介させて頂きますね。

「小学校6年間の思い出」

6年間の小学校での生活は本当に長いようであっという間でした。
入学したばかりのころは知らない子ばかりで不安だったけれど、この6年間でたくさんの友達ができました。
思い返すと楽しいことやつらいことがたくさんありましたが、頑張って乗り越えてきました・・・

「僕の夢」

僕は学校の授業で理科が一番得意な科目だったので、将来は、その理科の知識が生かせるような科学者、研究者などの職業に目指しています。
そのためには今以上に努力していかなくてはいけないと思っています・・・

卒業文集の題材はたくさんある

卒業文集にはどんなことを書けばいいかわからない・・・といっても、卒業文集向きの題材はこれまでの小学生生活の中にたくさん転がっています。

例えば、6年間毎年行われてきた運動会や学習発表会、社会科見学、遠足について、さらには、自分が気に入って入ったクラブでの活動内容、みんなで一緒に観光したり宿泊した修学旅行の思い出など、思っていた以上に卒業文集の題材になる行事はたくさんあると思います。
小学生生活6年間の間に行われたそれらの行事の内容や感想などをいくつかピックアップして思い出として書いていくと、原稿用紙はあっという間に埋まっていくと思います。

6年間の思い出なんてありきたりすぎる・・・なんて思わずに、すごく一般的かもしれませんが、これ!といった題材がないのであれば、小学校生活の思い出を、6年間の様々な行事を振り返りながら書くのが一番書きやすいと思います。

まとめ

bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_m

どうでしたか?
卒業文集に書くことがない・・・または何を書いたらいいかわからないという時は、6年間の小学生生活の中で行われた行事をいくつかピックアップしてその内容や感想を6年間の思い出として書くのが一番簡単に書くことができる方法だと思います。
上記でご紹介しましたタイトル案や書き出しの例文を参考にしながら、自分オリジナルのの卒業文集の作文を書いてくださいね。

by
1328 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事