10万円あればOK!?エコ婚、楽婚などの格安費用結婚式のメリットデメリットまとめ!

10万円あればOK!?エコ婚、楽婚などの格安費用結婚式のメリットデメリットまとめ!

最愛の人との結婚!
大掛かりな結婚式は大変だからしたくないけど親には花嫁姿を見せたい。

最近では家族や親族のみの結婚式がシンプルでイイ!と選ぶカップルがいます。
どんなことができるの?こんなことはできない?など
家族だけのリーズナブルな結婚式についてご紹介します。

今ひそかに流行?家族婚って?格安結婚式のメリット・デメリット

aa261cdb7389aed5404a49d66dc58e95_s
盛大に結婚式を挙げるのもいいですが、二人だけで結婚式をする人、家族だけでする人、親族や親友だけを呼んでする人など様々です。
家族婚やエコ婚などと呼ばれている格安結婚式とはどんなものなのでしょうか。

家族や親友だけでエコ婚?リーズナブルでお得な結婚式はどんなものがある?

普通に結婚式をしようと思ったらだいたい100万から500万!と幅が広いです。
ご祝儀の相場が3万としてもほとんどが親や自分達の貯金で結婚式を挙げるのが普通の結婚式です。
それに比べてリーズナブルで予算を抑えてしようという結婚式があります。

エコ婚・ゼロ婚・タダ婚・楽婚ってなぁに?様々な格安結婚式

エコ婚・ゼロ婚・タダ婚・ラク婚・スグ婚・スマ婚など言い方は様々。
いろんなプランをプレゼンしている式場がたくさんあり、言い方も様々ですが要するに言い方が違うだけでほとんどが同じような解釈です。

どれもその名の通り、とにかく安く楽にしようという式です。
無駄なものを省き(写真、料理、お色直しなど)、シンプルなのが特徴です。
かかる費用の相場は10万からのようで、あとは何を盛り込むか、参列者の人数などで前後するようです。

格安婚のこんなアイデア
☆列席者に写真を撮ってもらい、後日その写真をもらって1冊のアルバムにまとめる。
(通常結婚式では専属カメラマンにより前撮りの写真があったり、当日の撮影があったりします)☆料理は大皿形式、またはビュッフェ形式。
(通常結婚式では一人一人のコース料理が一般的です)☆お色直しなしで衣装は1着勝負!
(通常結婚式では和装や洋装など2着~3着お色直しをすることがあります)

格安婚のメリット?普通の結婚式よりもお得なところ

その1、とにかく安い!10万くらいからできる

式に呼ぶ人数にもよりますが、10万前後からできる結婚式です。
普通の結婚式場では先払いが通例ですが、ご祝儀制や会費制にした場合、あとに払う方が集まったお金を支払いに回せるので便利ですよね。
格安婚では後払いで費用を支払えるところがほとんどのようです。

その2、家族や親しい人だけを呼んでシンプルにできる

あまり人前が得意ではない、いろいろ事情があって派手にしたくないなどシンプルに式だけしたい人にはとにかくおススメです。
友人にもきちんと報告できるようにアドバイスもしてくれるので、はがきで友人に知らせる工夫をしている体験者が多いようです。

その3、料理や衣装などの質を落とさずに、予算を組める

そうはいってもせっかく式を挙げるのだから、あまりにも料理がおいしくなかったり、衣装を全く着飾らなかったりするのも寂しいですよね。
その辺もしっかりとプランナーさんがくみとってくれて、予算内で何をしたいのかを聞いて進めてくれるようです。

その4、準備期間が要らないので、打ち合わせが最小限ですむ

急に結婚が決まった!出産が控えている、などとにかく今すぐ式をしたい、準備に時間を使いたくないという人には向いています。
通常結婚式では準備期間も長いのでその間にマリッジブルーになる花嫁さんもいるといわれています。
そんなこともなく、さっと準備してさっと結婚できるのはお得ですね。

結婚式というのはだいたい1年程前から準備をし、何度も結婚式場と打ち合わせをして衣装合わせをしたり、引き出物を決めたりなどするものです。
エコ婚はリーズナブルな上に、準備期間があまりない、打ち合わせに時間を費やせない人にとてもおススメです。

その5、式の形式にとらわれないプランを選べる

一般的な結婚式の流れは
チャペルなどで結婚式→披露宴→2次会(和の場合は神社などでの流れです)ですが
格安婚ではそれらをすべて1つにまとめたものもひとつだけも可能です。

チャペルや神前などで結婚式だけをする
披露宴だけする(レストラン形式も含む)
披露宴ほど堅苦しくなく、2次会ほども砕けた感じではないプチ披露宴、パーティ婚1,5次会をする(会費制も含む)

格安婚はこのように選ぶ幅が広がります。

その6、持ち込みが無料の場合が多い

一般的な結婚式でも持ち込めるものもありますが、格安婚では引き出物やペーパーアイテム、衣装などを持ち込むことがほとんど無料です。
持ち込むことで予算を抑えられるという利点があります。

格安婚のデメリット!こんな人にはおススメしないポイントとは

デメリットの一番は、やはり豪勢にはできないという点です。
格安婚を選ぶ人は予算がないことが何よりの点だと思うのですが、いろいろ話を進めているうちにこんなこともしたい!あんなこともしたい!と思ってしまう人には向かないといえるでしょう。
また、どうしても人数を制限しないと予算を抑えることができないため、呼ぶ人が限られます。
いろいろ計画しているうちにこの友人も呼びたい、などと友達が多い人にはどの友人を呼んでどの友人は呼ばないのか、など悩むポイントになってしまいます。

デメリットのポイント
友達に報告した時に「私は結婚式に呼ばれなかった」と思われてしまう。
やっぱり盛大に友達も呼べばよかったかな、と思うことがある。
地域性の問題もあり、簡単にすることに家族からなど批判がある。

その時はよかったと思ってもあとからもう少し思い出に残るようなものにしてもよかったかも?と思うことが体験者にはあるようです。
一生に一度なはずの晴れ舞台、ケチらずにしてもよかったかなと振り返ることもあるようです。
格安婚の欠点はやはり「予算が限られている」「最低限のことしかできない」ということになります。

通常の結婚式のうらやましいポイント
衣装を着て、前撮りをすることができるので記念としても思い出としても残る
普段会えないような友達と会える!(自分の親友が一斉に集う場所は結婚式しかありません)
普段できないようなことができる!(ファーストバイト、派手な演出での登場、友人の余興など)
普段着ないような衣装が何着も着られる(和装、洋装共になかなか着る機会はありません)
みんなから祝福される。

もちろん、格安婚でも友人が少ないなら親友が集いますし、この演出だけはしたいと好きなものだけを選んだり、この衣装だけは着たい、と納得すればいいのですが夢のような一生一度の!というすべてを盛り込んだ結婚式はお金がかかります。

格安婚に向いているのはこんな人 向かないのはこんな人

向いている人
お金がない、最小限にしたい人
忙しい、時間がない人
簡単に早くしたい人
親族や友人が少ない人
とにかくシンプルにしたい人
妊娠している人や体調のすぐれない人
向かない人
派手なことが好きな人
一生一度の思い出にしたい夢がある人
親族、友人が多すぎて選べない人

まとめ

c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_s
結婚式はとにかく一生に一度、後悔のない式にしてほしいものです。
どのような形を選ぶかは自由ですが、「お金がない」という理由であきらめるのはとてももったいないことです。
もし式が挙げられないとしたら、せめて写真の1枚でも。
お金がなくても少しでも出来る可能性にかけて、格安婚をしているところへ相談してほしいと思います。
式は後からでいいと後回しにして結婚して子供が生まれてしまうと、途端に身動きが取れなくなり、結局できないということもあります。
ぜひ少しでも思い出の残る素敵な式を、実現してくださいね。

 

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事