【高校生】「振り返って」作文の書き方とコツ・例文

【高校生】「振り返って」作文の書き方とコツ・例文

高校生活も残り少しとなったときや、学期の区切りになると先生から「高校生活を振り返って」とか「1学期を振り返って」といった作文を書いてくださいと課題を出されることってありますよね。

高校生活3年間とかにもなると様々な思い出があるとは思いますが、いざ、作文として文章に仕上げようとするとどう文章を組み立てていったらよいのかわからなくて困ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そんな、作文を書くのが苦手な高校生のために、ここでは、高校生向けの「振り返って」作文の書き方とコツ&高校生活3年間の「振り返って」作文の例文をご紹介させて頂きます。

高校生の方で「振り返って」作文の課題を出されたけれど、どのように書いたらよいのかわからないという方は、要チェックです!

高校生活を「振り返って」作文の書き方とコツ&例文

人によっては高校生活3年間思い出はたくさんあるけれど、1つの文章にまとめることが難しい・・・と思っている方もいるでしょう。

そんな方のために、以下に高校生活3年間の思い出をどのようにまとめて「振り返って」作文を書いたらよいのかご紹介させて頂きますね。

振り返り作文のコツ

まず、作文を書く時の基本ですが、文章を起承転結の4分割構成にし、最初に「これまでの高校生活はどんなだったのかを簡単に説明し、次に「クラブ活動や学校生活の行事、勉強など様々な高校生生活の思い出」を書きます。

このとき重要なのが、どのように頑張ったのか、どんな学びがあったのか?を具体的に書くことです。ただ単純に「部活を頑張りました」「勉強を頑張りました」だけだとそれで終わってしまいます。

これじゃあ振り返りもなにもあったもんじゃありませんよね。なので、「部活を通して仲間とともに切磋琢磨し努力することで、○○という結果を得ることができました」といった風に具体化していきます。

要は「過程と結果」がわかるように書いていけばよいのです。そしてそれを今後「どう活かすか」まで書ければ完璧ですね。アイディアの出し方ですが、ノートに箇条書きした出来事をさらに掘り下げていくのがやりやすいでしょうか。

・部活を頑張った
 → 休日も自宅で自主トレしたり朝練などにも積極的に参加し、その結果○○できた
 → その中で、コツコツと日々努力することでできないと思っていたことも出来るというのがわかった

・勉強を頑張った
 → 苦手な科目をそのまま放置していたらダメだと思い、毎日予習復習を1時間程度するようにした
 → その結果、模試やテストで高得点を取れるようになった
 → やればできるというのがわかったので受験に向けてさらに努力していきたい

…といった具合にどんどん掘り下げていきます。とにかく、過程とその結果を具体的に書き、最後に「どう活かすか」まで掘り下げてメモしていけばいいです。

こうすることで、自分が何を書きたいのかを整理できます。

よくある失敗として、文章を書きながら考えるというのがありますが、書きながら考えるというのは意外と難しいので先に書きたいことをまとめておくほうがスラスラとペンが進むと思います。

書きたいことがまとまったら文章に起こそう!

書きたいことが整理できたら実際に原稿用紙に書いていきましょう。しっかりと書くべきことをまとめられていれば詰まらずに書いていけるはず。

「起承転結の承で書いた高校生活の思い出を踏まえながら、この高校生活で得られたものを将来どのように生かしていくのか」について書きます。最後の結では「高校生活の思い出のまとめ」を記入します。

上手く起承転結で書ければいいですが、必ずしも起承転結にしなければならないというわけではありませんので頭の片隅にとどめておくくらいでも大丈夫です。

そもそも起承転結はストーリーとして仕上げたい時につかうテクニックなので、読みやすい文章を書く時は「起承結」だけで十分ですからね。「転」は物語をより面白くするためのものですから作文では別にいらないのです。

あと、5W1Hを意識しておくのもいいですね。「いつどこで誰が何をどのようにして」「その結果どうなったか」がわかると読みやすい文章になるでしょう。

作文のネタは?

では、起承転結の承の高校生活の思い出の内容はどんな行事について書けば良いのかについてご紹介しますね。

例えば、年に1回ある運動会や生徒会活動、3年間のうちに1回ある修学旅行について書くのもいいですね。
もちろん、自分が所属しているクラブで3年間に行われた活動について書くのもたくさん思い出があるので、文字数が稼げるのでおすすめです。
文化祭などについて書いても、書くことがいっぱいありそうなので良いかと思います。
もちろん、学校で行われた国語、数学、英語、体育、化学、生物などの授業に関して書くのもいいですね。

風呂敷を広げすぎると浅い文章にしかならないので、勉強のことを書くのか、部活の事を書くのか、学校生活全般のことを書くのか…などどこを中心に書くのかを予め決めておきましょう。

それでは、以下に高校生活の「振り返って」作文の例文をご紹介致しますね。

高校生活3年間の「振り返って」作文の例文

高校生活3年間の「振り返って」作文の例文
(起)

高校に入学したときには、「これから3年間の
長い高校生活が始まるぞ」と思っていましたが、
気がついたら卒業まであと少しとなり、
本当にあっという間の学生生活でした。

高校1年生から3年生までの学校生活は
つらいことありましたが、楽しいことも
たくさんあった充実したものでした。

そんな3年間の高校生活で一番思い出に
残っているのが同級生のみんなで、泊りがけで
旅行した修学旅行です。・・・・・

(承)

楽しかった修学旅行のほかにも、
3年間の高校生活では思い出に残る
行事がたくさんありました。

例えば、運動会です。
運動会では他の学年の生徒さんと
協力し合いながら様々な競技の進行の
手伝いをしたり、競技に取り組んだりと
楽しく思い出に残る行事でした。・・・・・

(転)

高校生活で取り組んだクラブ活動で
身に着けたつらいことであっても
果敢に挑み跳ね返せる知力や体力を武器に、
卒業後、大学で自分の好きな教科を
学んだあと、社会人として好きな仕事に
打ち込んでいけるようになりたいです。・・・・・

(結)

・・・・・たくさんの友達ができ、
クラブ活動や学校生活での様々な行事で
たくさんの思い出ができた高校生活は
僕にとっての宝物です。

僕は〇〇高等学校に入学できて
本当に良かったです。

先生、クラスメイトのみんな、
3年間本当にありがとうございました。

まとめ

上記でご紹介致しましたように、作文の書き方のコツを理解しどのネタを書くのか把握していれば、高校生活の「振り返って」作文を書くのは結構簡単です。

もし、学校で高校生活の「振り返って」作文を書くことになったときは、上記でご紹介致しました、書き方のコツや例文を参考に書いてみてください。

どんなに作文が苦手な人でも、結構簡単に「振り返って」作文が書けるでしょう。

(最終更新:2018年4月22日)
by
971 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです