1月に出産した子の性格はどう育つ?適正な職業や気をつけたい病気

1月に出産した子の性格はどう育つ?適正な職業や気をつけたい病気

あるテレビ番組で、生まれた付きで性格やなりやすい職業がわかる!と紹介されていました。
本当に当たるかどうかは実際にお子さんが成長してみないとわからないのですが、もし、事前にそれらの情報がわかっていたら、子供の特性を伸ばし、またなりやすい病気などにも気を付けてあげることができますよね。

そこで、ここでは1月に出産したお子さんの性格はどう育つのか、適正な職業や気を付けたい病気は何なのかについてご紹介させていただきたいと思います!

子供の出産予定日は1月なのだけれど、できれば、出産前にどんな性格に育ちそうなのか、適職は何なのかや気を付けたい病気について知っておき、これからの子育てに役立てたい!という方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

1月生まれの子の性格はどう育つの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

1月生まれのお子さんは、幼少期他の月のお子さんと比べて早生まれなので体が小さいため、幼稚園や保育園での生活で失敗する経験が多くなり、他のお子さんに負けないように背伸びして頑張るようになるので、他の月生まれのお子さんと比較すると、弱者の心の痛みに共感できる優しい性格の子に育っていきます。

そんな1月生まれのお子さんの育て方のポイントは、早生まれなので、他の月生まれのお子さんに負けないように頑張っても失敗することが多いため、頑張って成功したときにはしっかり褒めてあげて、長所を伸ばしていくことが大事なのです。

1月生まれのお子さんの適職

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

1月生まれのお子さんは早生まれなので、どうしても幼稚園や保育園、小学校での運動競技であるかけっこなどでは、早生まれでないお子さんに負けてしまう傾向があります。
この子供のころの運動能力の差が大人になっても影響してしまうため、1月生まれを含めた早生まれの人でプロの野球選手やサッカー選手などになっている人は、ほかの月生まれの人が30%ほどに対し、15%ほどしかいませんので、スポーツ選手はあまり適職でないのかもしれません。

けれど、1月など冬生まれの人は頭の良い人が多いといわれており、アメリカの論文では、1月生まれのお子さんは債務取り立て者になりやすい傾向があるという調査結果が出ております。
イギリスの国勢調査をもとに調べられた1月生まれの人の職業とパーソナリティーは開業医やアメリカ同様債務取り立て者、不動産業者になりやすいという報告があるようです。

1月生まれのお子さんが気を付けたい病気とは?

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_m

アメリカのコロンビア大学医療センターで診療したおおよそ170万人の患者さんのデータを基に調査した結果、生まれ月によってなりやすい病気やなりにくい病気があることがあるという結果が報告されています。

1月生まれのお子さんの場合は、高血圧や心筋症になりやすいのですが、中耳炎や喘息にはなりにくく、嘔吐もしにくい傾向があるようです。

高血圧を予防するためには、塩分の取りすぎに注意し、牛乳や魚、納豆、リンゴなどのカリウムを多く含む食品を積極的に摂取するように心がけましょう。また、太りすぎにも気を付け、大人になったら飲酒や喫煙も控えておいたほうが良いと思います。

さらに、ストレスも高血圧の一因となりますので、お子さんが小さい間は、ストレスがたまらないように、親御さんが気を付けてあげましょうね。

まとめ

471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_m

いかがでしたか?

生まれ月によってなりやすい病気があったり、なりにくい病気があったりするなんて面白いですよね。

1月生まれは早生まれなので、運動会などのかけっこで上位に食い込むことが難しいため、その影響で早生まれである1月生まれの人でプロスポーツ選手になる人は他の月生まれの子より少ないというのも意外です。

さらに、1月生まれのお子さんは頭の良い子が多く、開業医や債権取り立て者、不動産業者が適職と言われています。
開業医が適職なんて嬉しいですよね!

性格も弱者の気持ちのわかる優しい性格に育つようなので、頭の良い、優しいお子さんに育つよう、上手にできたときはしっかりと褒めて、その子の長所を伸ばし、なりやすい病気に対する対策を怠らないように、育てていってくださいね。

by
592 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事