小学生の自転車サイズは何インチを選べばいいの?長く使える自転車の選び方

小学生の自転車サイズは何インチを選べばいいの?長く使える自転車の選び方

お子さんが小学生になったら、幼稚園や保育園時代に使っていた小さな自転車でなく、ちょっと大きい子向けの自転車を欲しがるようになってくると思います。

でも、小学生のお子さんには何インチの自転車を購入してあげたらよいのかわからない・・・という保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここでは小学生のお子さんには何インチの自転車を選べばよいのか、また、できるだけ長く使える自転車の選び方についてご紹介させて頂きたいと思います。

小学生のお子さんにそろそろ大きめの自転車を購入しようと思っている保護者の方は、ぜひ、お子さんの自転車選びの参考になる以下の記事を読んでみてくださいね。

小学生には身長で自転車を選ぼう

8198e290e305c588c920e839c8e9b678_m

小学生のお子さんには何インチの自転車を購入したらよいかというと、学年によってインチ数を変えるのではなく、身長や年齢によってどのインチ数が適切なのかを以下に解説させて頂きます。

身長が110センチから135センチの場合

まず、身長が110センチから135センチの場合は20インチの自転車がおすすめです。
年齢的には5歳から9歳までなので、小学校1年生から3年生ぐらいまで乗ることができます。

身長が115センチから145センチの場合

身長が115センチから145センチの場合は、22インチの自転車がおすすめです。
年齢的には6歳から11歳なので、小学校1年生から5年生くらいまで乗ることができます。

身長123センチから155センチの場合

さらに、身長123センチから155センチの場合は24インチの自転車がおすすめです。
年齢的には7歳以上なので小学校の1年生から6年生まで乗ることができます。

小学校に入学しても身長が小さめの場合は20インチ→22インチ→24インチと乗り継いで行ってもいいと思いますが、小学校1年生の時に1度購入したら6年生までずっと乗り続けさせたい!という方は、身長が123センチ以上であれば最初から24インチの自転車を購入してもよいと思います。

今の時点でつま先がつく高さの自転車を選ぶこと!

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_m

小学生のお子さんの自転車を選ぶ時のポイントは、上記でご紹介しました身長や年齢に対するおすすめのインチ数を参考にしつつも、実際に乗ってみて両足のつま先がつくかどうか確認することが重要です。

ぎりぎりつま先がつく状態だとやはり運転するときやブレーキをかけたときにふらふらする可能性がありますので、長く使用するからと最初から大きめのインチの自転車を購入することなく、現在のお子さんにぴったりのサイズの自転車を購入して、2年から3年ごとに買い替えるほうがお子さんにとってより安全であるといえます。

出会い頭の事故に注意!きちんと言い聞かせること!

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_m

小学生のお子さんが自転車に乗るときに注意しなければいけないのは事故です。
特に自転車で走ると徒歩の時よりも進むスピードが速くなりますので、何かあったときに素早く対応することが求められます。

大人であっても自動車に乗っているときや自転車に乗っているときに、これくらいなら大丈夫とスピードを出しすぎ、あの曲がり角から車や自転車歩行者がでてくるはずないという感覚で走行していると出会い頭の事故に遭遇する危険性が高まります。
もちろん、青信号で走行するなど交通法規を守っていても事故に遭遇する可能性はあるのです!

ですから、普段からお子さんには「交通法規を守って走っているからこれくらいは大丈夫!」と過信せず、「いつ何時も事故が起こるかもしれない!」という気持ちでときに一時停止したり、ときに自転車をおりて押して歩いたり、するなどその時の状況に応じて臨機応変に走り方を変えるように指導しておきましょうね。

我が強い子であれば何度言っても聞かないということもあります。
でもそれでもしつこく「ちゃんと右左確認して!」「道路に飛び出したらダメ!」と言うべきです。

でないとどれだけ危ないか理解してくれませんからね。

まとめ

20ba936d39f56218b44e9629c0edba0c_m

いかがでしたか?

小学生のお子さんに自転車を購入する際は、身長123センチから155センチの場合は24インチであれば小学校の1年生から6年生まで乗ることができます。

できれば、その時の年齢や身長におすすめのインチ数を参考にしつつも、実際にお店に行って乗ってみて両足がちゃんとつく体にジャストフィットした自転車を選んで、子供の成長に合わせて2年から3年おきに買い替えることをおすすめします!

学校でも自転車の乗り方を指導されると思いますが、その交通法規の沿った乗り方をしていても事故に遭遇する場合があるので、「交通法規を守っているから事故には遭遇しない!」と過信してはだめ。

「いつ、どんな時でも事故にあう可能性がある」ということを頭に入れながらいつも慎重に走るように、保護者のほうからお子さんに指導しておくようにしましょうね。

by
1405 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事