就活の面接が怖いし苦手!どんな練習や対策をすればいいのかまとめました

就活の面接が怖いし苦手!どんな練習や対策をすればいいのかまとめました

就活をしなくてはいけない年次になっている学生さんで、希望の職種や会社に就職したいけれど、就活時の面接は怖いし苦手!という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方たちのために、ここでは就活の面接が怖くて苦手な方のために、どのような練習や対策をすればよいのか、ご紹介させて頂きたいと思います。

現在就活している学生さんや、現在就職活動をしていないけれどいずれ就活しなくてはいけないほかの年次の学生さんも、実際の面接のときの参考になりますので、ぜひ、以下の記事をご覧になっておいてくださいね。

就活の面接の練習・対策方法

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_m

就活の面接は、コミュニケーション能力が高い方であっても、緊張せずに望むことは難しいと思いますし、人と接することが苦手な方にとっては、怖くて苦手・・・と感じると思います。

そんな就活の面接に対し苦手意識を持っていらっしゃる学生さんのために、以下に就活の面接の練習、対策方法をご紹介させて頂きますね。

面接が苦手な方はまず結論から述べよ

面接が苦手な人は、面接官の質問に受け答えする場合結論を後回しにしていたら、緊張ゆえに最終的に何を言えばいいのかわからなくなる可能性がありますので、最初に結論を言ってから、それに関する意見を述べるように普段から練習しておきましょう。

話は2分以内に抑える。

面接が苦手で緊張しやすい人は、たくさん話そうとすると、かえってうまく話せなくなってしまいますので、面接官の質問に対する答えは2分ぐらいに収めるように、あらかじめ事前に質問に対する受け答えを準備して練習しておくようにしましょう。

自分を動画撮影しながら面接の練習する

スマートフォンなどで自分を撮影しならが、家族や友達に模擬面接をしてもらうのが、面接が苦手な人にとって一番の就活における面接の練習方法であると思います。
撮影した動画を後で見直せば、どこをどう直したら印象が良くなるのかが客観的にわかるので、練習を繰り返すうちに、どんどん受け答えが上手になってきます。

就活中の学生さんはもちろん、他の年次の学生さんも早めに練習しておけば、実際に就活の面接のときに、あまり緊張することなく対応することができるようになりますよ。

できるだけOB・OG訪問を行う

できるだけ、希望する企業や業種に勤務しているOBやOG訪問を行い、会社の仕事内容や、就活の面接はどうだったかなどをしっかり聞いておきましょう。
事前に希望する会社のおおまかな面接内容が分かっておけば、想定される質問に対する答えも準備することができるので、就活の面接に対する不安を少し払しょくすることができます。

さらに、OB・OGに面接の練習をしてもらったら、より、面接の受け答えの質をアップさせることができます。
OB・OGの方も忙しいのでなかなか時間が取れないと思いますので、就活が始まってからでなく、はやめの年次で連絡を取ってOB・OG訪問することをおすすめします。

面接練習のセミナーに行く

就活シーズンには、就活中の学生向けの面接練習のセミナーが各地で開催されています。
面接が怖くて苦手な方は、できるだけこのような面接練習のセミナーに積極的に参加するようにしましょう。

参加するとどこをどう直したらよいのか的確に指導してもらえますし、面接の場数を踏むことによって、年上の面接官を前にしてもあまり緊張することなく受け答えができるようになってきますよ。

まとめ

4f4818ec89b8f315a2e6e2d42324af68_m

緊張しているときは、ついつい相手の目を見ずに視線をそらして会話するものですが、就活の場合、それでは相手に好印象を与えることが難しくなってしまいます。

緊張しがちで面接が苦手な方は、友達や家族とビデオをとりながら練習する時や、OB・OGに面接の練習をしてもらう時、さらに面接練習セミナーに参加した時にはできるだけ相手の目を見ながら話をする練習をしましょう。
場数を踏めば踏むほど、実際に就活において面接をする時に怖さが軽減され上手に目を見て受け答えできるようになりますよ!

by
955 PV
CATEGORY :
TAG :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事