明日から実践!ウォーキングダイエットで効果的にラク痩せしよう!

だんだん暖かくなって春の陽気が増えてくると、服も薄着になって身も心も軽くなりますよね~。でも、薄着になってふと現実を感じる事もあります。

それは、冬の間服などで隠されていたお腹や下半身周りのお肉です!あれ?私こんなに太ってたっけ?と、薄着になったら現実を突きつけられるのです。でも大丈夫!気付いた今からダイエットを始めれば、まだ春本番には間に合います!今からでも遅くはないので、ダイエットをして春本番を迎えましょう!

おすすめはウォーキングダイエット!

walk3

ただひと言でダイエットと言っても色々ありますよね~。一番手っ取り早いのは、間食を抜くことですが、それはストレス発散だから絶対に止めれない!という人には、やっぱり動くことをおススメします。

その中でも有酸素運動の一つであるウォーキングは、脂肪を効率的に燃焼できて比較的楽ちんなダイエットで、しかも特に道具が要らないのでおすすめなダイエット方法です。

もちろん、ただダラダラ歩くだけでは、ウォーキングダイエットの意味がありません。歩き方によっては通勤時間もウォーキングダイエットになるので、しっかりマスターして時間の無駄を省きましょう!

まずは歩く姿勢をマスターしましょう!

ウォーキングの”歩く姿勢”と言っても、そんなに難しいことではありません。基本は、子供の時にした”気をつけ”の姿勢です。あごを引いて視線は真っ直ぐ前を見て、背筋は自然に伸ばし腰の位置は常に一定をキープします。普段あたり前のようにしている姿勢ですが、この歩く姿勢をキープしながらウォーキングするのは、普段使っていない筋肉を使うので結構エネルギーを使いますよ。

そして、歩幅は多く取り少々早足で腕を大きく振りウォーキングします。初めから早足である必要はありません。徐々にで構いませんので、ペースを上げていければ効果は十分にありますよ。

ウォーキングの時間帯も重要です!

D157_yonakanokasairinkaikouen500-thumb-750x500-2548

朝の澄んだ空気の中、ウォーキングするのは何とも気持ちが良いですよね。早起きにもなるし、仕事や家事の前にひと動きすると、活動量もアップして効率が上がりそうですね。でも、ダイエットの観点からすると早朝のウォーキングは色々注意点があります。

空腹時で血糖値が低下しているので、その状態でウォーキングを始めてしまうと気分が悪くなったり、めまいがしたりとダイエットの為のウォーキングどころではありません。でも、もし早朝しかウォーキングの時間が取れない人は、ウォーキング前に軽く軽食を食べるとか果物を食べるなどしてからのぞんでください。そして、寝起きの体はまだ目が覚めていないので、十分に準備体操などのウォーミングアップをしてからウォーキングへ出発しましょう。

一番ダイエットに効果的なウォーキングの時間帯は、夜なんです。寝ている時に脂肪が体に一番つきやすいので、その前に有酸素運動を使ったウォーキングをして、脂肪を燃焼させてしまおうというわけなんです。ただ、就寝時間の二時間前にはウォーキングを終了させて、興奮状態のまま寝る事がないようにしましょう。もちろん、ウォーキング後の飲食をなるべく控えないと、ダイエットの意味がないですよね。

ウォーキングのカロリー消費量

taiju

30分ウォーキングした場合の消費カロリーは、大体150カロリーぐらいです。ジョギングは大体200カロリーぐらいで、水泳は180カロリーぐらいなので、これらに比べたら消費カロリーは少ないですけど、手軽にできる有酸素運動としてウォーキングは人気の運動です!脂肪の燃焼は運動開始後20分以上なので、一回のウォーキングにつき20分以上を目安に頑張ってみましょう!特に道具も必要ないので、思い立った時にできるのがいいですよね。

続けることに意味があります!

calory1

有酸素運動で手軽にできて誰でも気軽に始めることができるウォーキングですが、一回や二回しただけで止めてしまっては意味がありません。ただ、なかなかモチベーションを保つのって難しいですよね。

そんな時は、目標を決めてみましょう。例えば、ダイエットが成功したらご褒美に服やアクセサリーを買うとか、アプリを使って歩数や消費カロリーが随時わかるのもモチベーションアップに繋がりますよね。また、頑張りすぎて最初からがっつり歩いてしまうと、後が続かないので自分のできるペースで無理なく継続しましょうね。

ウォーキングをするのに特別な時間を作る必要はありません。通勤通学の時や普段歩いている姿勢やスピードと呼吸を意識すれば、すぐにウォーキングはできるので、気楽にウォーキングダイエットを始めてみて下さいね。

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事