スマホでも通信費も節約!買い物アプリでの無駄遣いや浪費を防ぐには

スマホでも通信費も節約!買い物アプリでの無駄遣いや浪費を防ぐには

今じゃ誰もが使っているスマホ。一昔前は実店舗でしか購入できなかった商品もスマホアプリでポチっとクリックするだけで簡単に購入できる便利な世の中になりました。

しかし、この買い物アプリ、簡単&便利すぎるゆえについついクリックしすぎて気が付いたらたくさん商品を購入しすぎて支払いが大変になっていませんか?

さらに、動画を見たり音楽を聞くのがネット上でできるので、容量少なめの契約だと制限に引っかかりやすくなっています。使用しすぎると容量が足りなくなって容量買い足し…みたいなことも。そうすると費用が家計を圧迫するような状態になってしまいます。

それでは、いつまでたっても貯蓄額はアップしていきませんよね!

スマホの利用料金やスマホの買い物アプリの利用料金を節約したいという方のために、ここでは、それらの無駄遣いや浪費を防ぐ方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

スマホの通信費や買い物アプリでの無駄遣いを防ぐ方法とは?

smartphone06_shock

先に結論を書いておきますが、スマホアプリでついつい買い物しすぎちゃう…って言う人に足りないのは忍耐力です。節約のためにはアプリインストールという方法のほかにも、見るだけで我慢するという自制心が大事ですよ。

いつでもどこでも好きなものが買える時物欲マッハ時代

今は実店舗に出向いて実物を見て買うのではなく、ネットで手軽にポチッと注文!みたいなのが当たり前になってきていますよね。ショッピング好きの人は、スマホの買い物アプリを活用して欲しい物がないかを逐一チェックしつつ、ショッピングを楽しんでいるかと思います。

スマホの買い物アプリにはゾゾとかAmazonやZOZOなどの有名なネットショップの物はもちろん、ヤフオクやラクマ、メルカリなど買い物アプリがたくさん存在しますね。特にAmazonはお洋服や日用品など様々な商品をポチっとボタンをクリックするだけで購入できるうえに、実際のゲームソフトはもちろん、アプリゲームの決済までできるのでとっても便利。

Amazonコインを購入しおけば、通常のダウンロード金額よりも少しお得な金額でゲームやゲームアイテムをダウンロードができるのでとってもありがたいです。

ネットショップ欲を抑えるにはアプリ削除など強制力が必要

しかし!便利だからとか、欲しいものが出品されてるから!と言って気軽に何度も購入ボタンをクリックしてしまうと購入金額がかさんでいき、カードの利用明細書が届いたときにその金額の多さにびっくりしてしまうことがあるかもしれません。

では、この買い物アプリでの浪費を極力抑えるためにはどうしたらよいのでしょう。

実は、この買い物アプリでの浪費を抑えるすべというのは特に存在せず、やはり、正攻法で毎月の利用金額を決めておき、その金額に到達したら購入を控える、もしくは、すっぱり買い物アプリをアンインストールして、ゲームもその他の商品も実店舗で予算を決めて購入するという方法しかありません。

つまり、自分自身に自制心がないと浪費を抑えることはできないのです。

スマホの通信費は忍耐力がなくても節約可能!

しかし、スマホ自体の通信料はいくらか節約することができます。

例えば、NTTdocomoやsoftbank、auなどの大手キャリアで契約ている場合は、どんなに節約しても毎月の利用料金が4000円~6000円ほどはかかるかと思います。通話を良くする人は1万円のプランにしているという人もいるでしょう。

通話料金はLINEの無料通話などを利用すればかなり節約できますが、ネットを多用される方はデータ容量をアップすればするほど利用料金はどんどんかさんでいきます。

格安sim乗り換えで大幅節約に!

でも、大手を解約、MNP(電話番号をそのまま別のキャリアに移し替えること)してSIMを格安のものに交換すれば、毎月の利用料金は5ギガぐらいのSIMだと2000円前後に節約することが可能になります。

大手キャリアで月6000円の契約をしているならこの時点で約月4000円もの節約ですね!年間に直すと、

・大手の場合   6,000円 ☓ 12ヶ月 = 72,000
・格安simの場合 2,000円 ☓ 12ヶ月 = 24,000

で、48,000円も節約できちゃいます!年間で、ですよ!これ大きいですね。

さらに、ネットを使わない月は通信容量のギガ数を変更すればひと月の通信費をもっと節約することができます。自宅でインターネット回線を引いているのなら、自宅にいる間はWifiだけにしておくことで無駄な通信容量も食わないので、ギガ数が1G~2Gとかでも全然余裕だったりします。

スマホを買い換える時はメンテナンス性も考えて!

機種本体も新品を購入することなくネットや実店舗で白ロムを購入して格安SIMを使用するとかなり購入費用を抑えることができます。

格安スマホと格安SIMを利用する…というのが個人的にはオススメの節約パターン。

型落ち商品で良いのであれば、iphoneだって1台1万円以内で購入できます。(格安simで使うならsimフリーの状態にしてあるかどうかを確認する必要があります)

新品の機種にこだわらなければ、スマホの購入代金や通信費はかなり節約できてしまうのです!ただそのデメリットとしてバッテリーの持ちがよくないといったことがあります。くたくたに使われていると当然バッテリーもだめになっていることもあるため、買う前にそのあたりは聞いておいたほうが良いでしょう。場合によっては自分でバッテリー交換するというのもありですね。

バッテリー交換も自分でできるものと出来ないものがあります。最新機種は大抵自力でのバッテリー交換ができないものが多いので気をつけましょう。自力でできない場合はメーカーや修理代行になりますが、それだけで1万円は取られます。自分で交換すればバッテリー代2000円だけということもあるので、よ~く考えておいたほうが良いです。

新機種でも中古の機種でも同じですが、メンテナンス性についてはきちんと確認しておくことが大切。スマホって2年くらい使っているとバッテリーがだめになって、3時間程度しか使えなくなったりするんですよ。なので、中古で買うのであればやっぱりバッテリーは自分で交換出来るものを選ぶほうが、より節約になります。

まとめ

group_people_smartphone

やはり、スマホでの買い物アプリによるショッピングでの浪費を抑えるためには、自分の物欲をきちんとコントロールする必要があります。なので、ショッピングでストレスを解消されていらっしゃる方にとっては多少つらいかもしれませんが、やむをえないかも。なんでも目についたものをバンバン買っていた人は本当にほしいもの「だけ」を買うようにすれば無駄遣いはかなり減ると思います。

スマホの通信費や機種代は中古の白ロムを購入したり、大手キャリアとの契約を解除して格安SIMを購入し利用したりするなど工夫すれば、毎月の利用料金や機種の購入代金をかなり節約することができます。

「格安スマホや中古白ロムなんて恥ずかしい!」なーんて言っていたらいつまでたっても貯蓄額はふえていきません!
貯蓄を増やしていきたいのであれば、ぜひ、上記でご紹介致しました買い物アプリでの浪費やスマホの通信費や購入費を節約する方法を試してみてください。

そうすれば、結構家計費が節約できて貯蓄額も少しずつですがふやしていくことができますよ!

(最終更新:2018年1月19日)
by
383 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです