スズメバチが部屋に入ってきた!?対処の方法をお伝えします

スズメバチが部屋に入ってきた!?対処の方法をお伝えします

ハチって刺されると危険な昆虫ですが、なかでもスズメバチは刺されると命にかかわることもあるぐらい危険なハチです!
そんな危険なスズメバチがお部屋に入ってきたら「どう対処したらよいのかわからなくて慌ててしまいそう・・・」と考える方も多いでしょう。

そんな、スズメバチがお部屋に入ってきたときにどう対処したらよいのかわからないという方のために、ここではスズメバチが外からお部屋に入ってきたときにとるべき対処法をご紹介させて頂きたいと思います。

お部屋にスズメバチが入ってきたときに刺されずに退治or外に出すにはどうしたらよいのかお知りになりたい方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

そもそもお部屋にスズメバチが入ってくる原因

hornet-2629977_1280

お部屋にスズメバチが入ってきたら大変ですが、そもそも、お部屋にスズメバチが入ってくる原因とは何なのでしょうか?

実は、あなたが普段、室内の空気の入れ替えをする時に網戸をしめずに窓を開けっぱなしにしている無防備な状態にすることが原因で、スズメバチがお部屋に入ってくることがあります。

「窓は開けるけれど、網戸を閉めているのにスズメバチがお部屋に入ってくることがある・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

網戸を閉めているのにスズメバチがお部屋に入ってくる原因はいくつか考えられます。

まずひとつめは、外に干している洗濯物にくっついているスズメバチに気づかずに洗濯物を取り込んでお部屋に入れてしまった場合です。
もちろん、洗濯物だけでなくお布団を干している時にもシーツなどにスズメバチがくっついているのに気づかずに取り込み、お部屋にスズメバチを入れてしまうこともあるでしょう。

ですから、屋外に洗濯物やお布団を干しているときには、取り込むときにスズメバチなどの虫がついていないかどうかチェックしてから取り込むことをおすすめします。

その他にも旧型の換気扇を使っている場合に、止まった状態のときにお部屋に入ってくることがあります。
この場合の対処法は、換気扇自体を外からスズメバチが入ってこられないような新しいものに取り換えるか、換気扇をずっと回しておく必要があります。

その他にも壁の隙間から壁の中に巣を作ったり、床下や天井裏に巣を作ったりしてそこからお部屋に侵入してくる場合がありますので、気を付けなくてはいけません。

さらに、クーラーから出てくる水分を外に放出するための筒であるドレンホースの内側に巣を作ってそのドレンホースの穴をたどって室内に侵入する場合もあるから気を付けなくてはいけません。

どちらの場合も、専門の業者に駆除してもらう必要があるでしょう。

スズメバチの活動が活発化しやすい危険な時期

calendar-1990453_1280

では、スズメバチの活動が活発化する人間にとってかなり危険な時期とはいったいいつなのでしょうか?

実は、スズメバチというのは冬になると女王バチ以外は全部死んでしまいます。
生き残った女王バチが2月から3月ごろに冬眠から目覚め巣作りを開始し始めます。

そして、4月から本格的に活動し働きバチをどんどん増やしていき、それにつれ巣も大きくなっていき、7月から10月にはかなり巣が大きくなってしまいます。
この巣の大きさが最盛期の時期はスズメバチの活動が最も活発になります。

さらに、繁殖期のスズメバチはかなり攻撃的なので、7月から10月はスズメバチや巣に近づくのはかなり危険です。

巣を作り始める4月の早い段階で駆除をお願いすれば比較的簡単に駆除してもらえますが、スズメバチの巣の最盛期に駆除をお願いするとかなり手間取ることが予想されますので、スズメバチの巣を発見したらできるだけ早めに専門の業者に駆除をお願いしましょう。

お部屋にスズメバチが入ってきたときの適切な対処法とは?

625d3f003501f8b13027c9311ef136eb_m

もし、お部屋にスズメバチが入ってきたらどうしたらよいか困ってしまいますよね。
そこで、以下にお部屋にスズメバチが入ってきたときの適切な対処法をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

まず、ひとつめの対処法は、スズメバチが入ってきたお部屋のドアを閉め、窓を全開にして外へ出ていくまで屋外で待つ方法です。
虫は明るい方にむかって飛んでいきますので、スズメバチが入ってきたのが昼間であれば、お部屋の電気を消して窓を開ければよりスズメバチが外へ出やすくなるでしょう。

もう一つの方法は、部屋を閉め切って室内中に強力な殺虫剤をまき散らすという方法です。
殺虫剤をまき散らした後、窓やドアを閉めてしばらく屋外で待っていれば、スズメバチを退治することができるでしょう。
ただし、気を付けなくてはいけないのがスズメバチに直接殺虫剤を吹き付けてはいけないという点です。
7月から10月のスズメバチは特に攻撃的なので、殺虫剤を噴霧することで攻撃を仕掛けてこられたら大変なので、必ず室内に殺虫剤をまき散らし、お部屋を閉め切ってスズメバチの力が弱まるのを待ちましょう。

もし、窓を開けたり、殺虫剤をまき散らしたりする余裕がない場合は玄関を開けて屋外に出て様子を見ましょう。
注意しなくてはいけないのは、これらの対処をする時には必ず洋服で頭部を隠し、姿勢&頭部を低くしてゆっくりと静かに移動することです。

スズメバチに刺されてしまうとショックで亡くなってしまう場合がありますので、屋外に避難した後は、専門の業者を呼んで駆除してもらうことをおすすめします。

まとめ

hornet-376934_1280

スズメバチって本当に怖いですよね!
他のハチに刺されるのも痛くて怖いですが、スズメバチに刺されたら、ショックでなくなってしまうことがありますので、注意が必要です。
また、換気するときに網戸を閉めていても天井裏や床下に作った巣から侵入してくることもあるから注意が必要です。

もし、お部屋にスズメバチが入ってきたら、上記でご紹介致しました対処法を試してみてください。
さらに、屋外に避難した後、お部屋に戻ってスズメバチに刺されたら大変なので、お部屋にスズメバチが入った時には業者に依頼して駆除してもらいましょうね。

by
223 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事