学校の友達が少ないのはある意味チャンス。友達がいないハンデを武器に変える方法

学校の友達が少ないのはある意味チャンス。友達がいないハンデを武器に変える方法

小学校に通うお子さんをお持ちの親御さんは。お子さんのお友達が少ないと心配になりますよね。

できれば、周りのお子さんのようにたくさんのお友達とお付き合いしてほしいと考えるとは思いますが、当のお子さんが困っていないのであれば、そのままお友達が少ないままでもあまりご心配することはないのかもしれません。

「でも、お友達が少ないって子供にとっていろんな意味でハンデになるのでは?」とお考えの親御さんのために、ここではお子さんにお友達があまりいないことを武器に変えるおすすめの方法をご紹介させて頂きたいと思います。

「うちの子お友達が少ないのだけれど、それをハンデではなく何か武器に変える方法がないのか知りたい・・・」と思っている親御さんは、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

お友達が少ないことを武器に変えるおすすめの方法!

74d329e0db9ac1ec45501491885a15e5_m

お子さんの学校でのお友達が少ないと、親としてはどうしても心配になってしまうと思います。

ですが、そんなに心配することはないのです。
実は、お友達が少ないというハンデを武器に変える方法があるのです!

その方法を以下にいくつかご紹介させて頂きますね。

放課後の勉強タイムを増やして成績アップ!

お友達があまりいないということは、学校から帰ってきたあと、お友達と遊ぶ機会が少なくなりますので、その分勉強に取り組む時間を増やすことができますよね。
なので、放課後はお子さんを学習塾や習い事に通わせても良いですし、通信教育などに取り組ませるのもおすすめです。

特に、お子さんにゲームなどをあまりさせないご家庭であれば、通信教育などは図解や漫画などでお子さんがわかりやすく取り組めるようになっていますし、提出すればプレゼントがもらえる場合もありますので、遊びの延長のように楽しく勉強することができます。

時間があれば、どんどん進めることができますので、学校の授業の予習にもなるため、学校の授業の理解度がアップし、成績の向上にもつながりますよ!

学校外の習い事で体力アップとお友達づくり

学校内でのお友達が少なくてもあまり心配することはありません。
放課後お友達とあまり遊ばないのであれば、スイミングやサッカー、バスケットボール、野球などのスポーツ系の習い事をさせてみてはいかがでしょうか。

スイミングは、泳げるようになると学校の体育の授業でも役立ちますし、喘息気味のお子さんは症状がかなり改善されることもあるようです。

さらに、たくさんのお子さんとチームを組んで取り組むサッカーやバスケットボール、野球などのスポーツの習い事に取り組めば、それらのスポーツが上手になる上に、チームメイトと一緒にプレイすることで仲間意識が高まり学年関係なくお友達を作ることができますよ。

お友達が少ないことを不安に感じる必要はない!

お子さんが、お友達が少ないことに何にも感じずに、学校生活を楽しんでいるのに、親御さんの方で、勝手に大問題扱いして右往左往していませんか?

学校から帰ってきて誰とも遊ばない日があるからと言って「友達が少ないからかも・・・」と心配しすぎるよりも、お子さんの放課後の有り余る時間をお子さんにとって良い方向に向かえるように有効活用してあげることを考えてあげましょう。

お子さんが、親御さんに直接学校で何か心配事があると訴えてこない限りは、楽しそうに学校に通っているのであれば、あまり心配しすぎることなく、お子さんにとって学校生活や学校から帰ってきてからの生活が楽しいものになるように導いてあげましょうね。

まとめ

fd50eef387d63fb5c4801e82c715e2b3_m

上記でもご紹介しましたように、お友達が少ないからと言ってもお子さんが楽しく学校に通っているのであれば、お子さんにとってお友達が少ないことはハンデであるとは言えないと思います。

学年が変わればお友達が増えてきたりする場合もありますし、逆に減る場合だってあり得ます。

その状況に右往左往せず、お子さんにとって学校生活も学校外の生活もお家での生活も楽しく充実したものになるように、上記でご紹介致しましたお子さんのお友達が少ないことを武器に変える方法を参考に、お子さんが勉強も遊びも習い事も一生懸命取り組み、楽しく充実した生活を送れるように導いていってくださいね。

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事