赤ちゃん用の柵やベビーサークルはいつから?必要性は感じるけど嫌がるときの対処法

赤ちゃん用の柵やベビーサークルはいつから?必要性は感じるけど嫌がるときの対処法

赤ちゃんがハイハイをするようになり、行動範囲が広がってくると、けがをしたり、危険なものを手にしたりしないか心配事が増えてきますよね。
そんな時に赤ちゃん用の柵やベビーサークルを活用すると赤ちゃんにずっとついていなくても赤ちゃんが危険な場所に移動できなくなるので安心ですよね。

ここでは、そんな赤ちゃん用の柵やベビーサークルはいつ頃から使用するものなのか、赤ちゃん用の柵やベビーサークルの必要性は感じるけれど、赤ちゃんが嫌がるときはどのように対処したらよいのかについて検証していきたいと思います。
赤ちゃん用のベビーサークルに関する様々な情報をお知りになっておきたい方は、ぜひ、以下の記事をご覧になってくださいね。

赤ちゃん用の柵やベビーサークルはいつ頃から使用するの?

b069890f90731349561d592714023be6_m

ベビーサークルや赤ちゃん用の柵を使用する時期は、赤ちゃんがハイハイを始める時期である生後9か月から10か月ごろだと思います。
赤ちゃん用の柵やベビーサークルを使用すればお母さんがずっと赤ちゃんを見守っていなくても活動範囲が広がってきた赤ちゃんが危険なものを触ったり危険な場所に行くことを防ぐことができたりして安心ですよね。

ただし、ベビーサークルを使用することについては、賛否両論あり、赤ちゃんを柵やベビーサークルで囲うなんて動物扱いしているみたいとか、親が目を離さなければ柵やベビーサークルで囲う必要はないのではないかとか、赤ちゃんが触って危険なものはすべて片づけてしまえばいいなどの意見もあるので、子育て中の親としてはそういう意見を耳にすると赤ちゃん用の柵やベビーサークルを使用するのを躊躇してしまいそうです。

ただし、お家にいる親は赤ちゃんを24時間ずっと見守っているわけにはいかないですし、また、赤ちゃんが触ったり口にしたりしたら危険なものをすべて赤ちゃんの手の届かないところに片づけるのが困難な場合もあります。
そんな時に、赤ちゃん用の柵やベビーサークルを使用すると、赤ちゃんが危ないものを触ったり危険なところに移動したりする心配がなくなりますので、子育てのストレスがかなり軽減されます。

どうしても、赤ちゃんをずっと見守っていることができない、もしくは赤ちゃん用の柵やベビーサークルなしでは危険なものから赤ちゃんを遠ざけることが困難な場合は、それらを利用するのも子育てのストレスを軽減し、赤ちゃんを危険から守る一つの方法かもしれませんね。

赤ちゃん用の柵やベビーサークルを嫌がるときの対処法

0c065ac20fcf0bf8a45cc60560d1663d_m

赤ちゃん用の柵やベビーサークルを利用すると親がずっと見守っていなくても赤ちゃんが危険なところに行ったり危険なものを触ったりすることを防ぐことができるので、子育て中の親にとっては助かるグッズであると言えます。
ただし、赤ちゃんによってはお部屋を自由に動けなくて赤ちゃん用の柵やベビーサークルを嫌がる場合もあります。
ここでは、そんな赤ちゃん用の柵やベビーサークルを赤ちゃんが嫌がるときの対処法をいくつかご紹介させて頂きます!

大好きなおもちゃをお部屋やベビーサークルの中に入れておく

ハイハイできるようになってきた赤ちゃんは、自分の行きたい場所に好きなように移動したいと思うものですが、赤ちゃん用の柵やベビーサークルの中だと自由に動き回れなくて嫌がる可能性もあります。

そんな時は、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃをベビーサークル内にたくさん入れておきましょう。
そうすると、親が用事をしているときでも夢中になっておもちゃで遊んでくれますよ。

ベビーサークルはできるだけスペースの大きなものを使用する

ベビーサークルの中に入れられると、どうしても赤ちゃんの行動範囲が小さくなりますので、ベビーサークルに入れられるのを嫌がる赤ちゃんもいると思います。

できるだけ赤ちゃんの行動範囲を小さくしないようにするために、ベビーサークルはできるだけスペースの大きなものを購入し使用するようにしましょう。
赤ちゃんはある程度自由に動き回れるとベビーサークルを嫌がらずにいい子にしていてくれるはずですよ。

まとめ

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_m

いかがでしたか?
ベビーサークルや赤ちゃん用の柵はハイハイをするようになり、行動範囲が広くなってきた赤ちゃんがいるご家庭ではあると非常に助かるグッズだと思います。
できれば、親としてずっと赤ちゃんを見守っていてあげたいところだと思いますが、24時間ずっと用事をせずに赤ちゃんを見守ることは現実的に困難ですよね。

用事があって赤ちゃんをずっと見守れない時は、赤ちゃん用の柵やベビーサークルを利用するのは赤ちゃんを危険から守れますし、親の育児ストレスも軽減できるのでとても良いと思います。

ただ、ずっと赤ちゃん用の柵やベビーサークルの中だと赤ちゃんもストレスを感じてしまうと思いますので、用事が終わったら、赤ちゃん用の柵やベビーサークルから赤ちゃんを解放してあげて、お出かけしたり、一緒に遊んであげたりして赤ちゃんと楽しく過ごしてあげましょうね。

by
680 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事