防災用品に加えよう!家庭用非常用電源・蓄電池のすすめ

防災用品に加えよう!家庭用非常用電源・蓄電池のすすめ

現在9月ですが、この時期は台風や大雨などの災害が起こりやすい時期でもあります。
さらに、各地で震度の高い地震も頻発しております。
こういった災害が発生した際、停電になったりすることがあります。
そんな時に役立つのが家庭用非常用電源であり、蓄電池です。

ここでは、そんな家庭用非常用電源と蓄電池の必要性と有用性、さらに、これらの簡単な選び方についてご紹介させて頂きます!
これから、災害が発生したときのために家庭用非常用電源や蓄電池を備えておきたい!という方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

家庭用非常用電源と蓄電池の必要性

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_m

地震や豪雨などの災害に見舞われたときに困るのが、停電です。
手回し充電式の懐中電灯やラジオ、携帯電話を充電するソーラーや手回し式の充電器などもあるのですが、それらは、家庭用の電源としては使用できません。
やはり、家庭にあるさまざまな電化製品を非常時に使用するには、家庭用非常用電源や蓄電池が必要不可欠ですし、備えておくと非常時かなり助かります。
特に、ご家庭がオール電化の場合は、災害時用にこの家庭用非常用電源や蓄電池を備えておいたほうが良いでしょう。

家庭用非常用電源と蓄電池の有用性

5399c728c35ec0fe2a2ce345af853a69_m

家庭用非常用電源と蓄電池を普段から家庭に備えておくと、災害などで停電になった時はもちろん、計画停電の時など電気が使えないときに、お家でためておいた電気を使用することができます。
また、蓄電池を使用すると、深夜など電気料金が安い時間帯に電気をためておき、使用することができるので、省エネにもなります。

家庭用非常用電源と蓄電池の簡単な選び方!

53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_m

これまでに家庭用非常用電源や蓄電池を使用されてこなかった方は、どんなものを購入したらよいかいろいろな製品があるので迷いますよね。
そこで、以下に家庭用非常用電源と蓄電池の簡単な選び方をご紹介します!

家庭用非常用電源や蓄電池は持ち運び式のものがおすすめ!

家庭用非常用電源には発電機と蓄電池があります。
発電機は、手で動かすタイプものや車の発動機を使って発電するものがあります。
手で動かすタイプものは発電する電力量が少なく、車の発動機を使うものは、災害時、車が被害にあったときには使用できなくて困る場合があります。
蓄電池は、普段から電力量が少ない夜間などに電気をためておいて、いざという時に使用することができます。

停電したときに自動的に蓄電池に切り替わるものや持ち運び式の小型の蓄電池つき発電機など発電機や蓄電池にはさまざまなものがあるのですが、災害時のことを考えると、小型の持ち運び式の家庭用非常用電源や蓄電池を購入することをおすすめします。

なるべくバッテリーの持続時間が長いものを選ぶ

家庭用非常用電源や蓄電池の価格は、1万円ぐらいから10万円を超えるものなど製品によってかなり価格差があります。
安いものは、電力を使用できる時間がかなり短いので、やはり、少しぐらい価格が高くてもいざという時にたくさん電力が使用できる、バッテリーの持続時間が長い家庭用非常用電源や蓄電池を購入しておくようにしましょう。

フル充電するにはどれぐらいの時間がかかるかも選ぶポイント

上記でご紹介しているバッテリーの持続時間も家庭用非常用電源や蓄電池を選ぶときの重要なポイントですが、フル充電にどれぐらいの時間がかかるのかも家庭用非常用電源や蓄電池を選ぶときのポイントです。
充電時間が短くてもバッテリーの持続時間が短いと非常時にあまり役立たないので、非常時どのぐらいの時間、家庭用非常用電源や蓄電池を使うのかを事前に予想した上で、それに見合ったものを購入するようにしましょう。

以下の製品は、持ち運びもできる上に、パソコンや給湯器を5時間、携帯電話充電器を22時間使用でき、防災用のほかにもレジャーにも活用できるおすすめの家庭用非常用電源です。家庭用電源で充電できますし、充電時間は、急速充電器で充電すると22分ととても速く充電できます。

まとめ

56346202b6c84eacbd39342275770b74_m

災害が発生しやすいこの時期、いつ何時、自分たちが災害に見舞われるかわかりません。
そんなときのために、ぜひ、防災用品として役立つ家庭用非常用電源や蓄電池をお家に備えておくようにしましょうね。

by
798 PV
CATEGORY :
TAG :

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事