まとめ買いは節約になる?ならない?日用品や献立の観点で節約を考えよう

まとめ買いは節約になる?ならない?日用品や献立の観点で節約を考えよう

皆さんは、普段の日用品や食料品のお買い物はどのようにしていますか?

毎日必要な分をこまめに購入される方もいらっしゃれば、1週間分をまとめ買いされる方もいらっしゃるかと思います。

このお買い物を節約の観点から考えると、こまめに毎日必要な分を少しずつ購入するのが節約になるのか、はたまた、1週間分をまとめ買いするのがお得なのかわからなくてお困りの方もいらっしゃるでしょう。

そんな「日々の日用品や食料品のお買い物にかかる費用をできるだけ節約したい!」とお考えの方のために、まとめ買いは節約になるのか、あるいはならないのかを日用品や献立の観点で検証してみたいと思います。

日頃の日用品や食料品のお買い物にかかる費用をできるだけ少なくしたいという方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

まとめ買いが節約になるか否か日用品や献立の観点で検証!

consumption-2205625_1280

上記ですでに触れておりますように、普段の日用品や食料品のお買い物の仕方は人それぞれ違い、毎日不足している分をこまめに購入する方もいらっしゃれば、1週間分をまとめて購入される方もいらっしゃいます。

では、どちらが家計費の節約になるお買い物なのかということについて検証していきます

常識で考えればどちらも良し悪し

日用品や食料品を販売しているお店が、徒歩圏内にあり、お店に商品を購入するとき必要なもの以外は購入しない方であれば、かなり節約になりますが、私のように、お店にお買い物に行って新商品ほか様々な商品を見てしまうとつい余分に購入してしまいがちな人にとっては、こまめに毎日日用品や食料品のお買い物をするとかえって出費がかさんでしまうことになってしまいます。

その点、まとめ買いだと1週間の献立1か月の日用品の消費の推移をきちんと計画&把握しておけば、余分な商品をお店で購入することなく家計費を節約することができます。

ただし、このまとめ買いもお店に行ったときに必要なもの以外のものを購入してしまうまったく節約にはなりません。まとめ買いしても別のお店でもっと安くなっていた…なんてこともありますしね。

生協宅配でもやはり同じことに…

私は、実店舗もたまに利用するのですが、普段は1週間に1回商品を宅配してくれる生協を利用しています。
生協は、カタログをお家でゆっくり見ながら生鮮食品&冷凍食品、日用品、家具、雑貨、衣類などを購入できる点が便利なのですが、紹介されている商品に購入してみたい商品がたくさんあると歯止めがきかずにたくさん商品を購入してしまうことになりかねません。

大切なのは使う量を把握しておくこと!

やはり、カタログで商品をチョイスできる生協などの業者で日用品や食料品を購入する場合であっても、きちんと1週間の献立や必要な日用品の数量を決めておかなくてはいけません。
そうすることにより、毎日こまめに日用品や食料品を購入しないまとめ買いであっても家計費を節約することができます。

個人的にはまとめ買いがオススメ

献立から購入する商品を決めるときは、グラム数を細かく決めてそれに合わせて購入できれば余分な食材が残ることなく無駄遣いにならず節約になりますが、スーパーなどで売っている商品を購入するとどうしても全部使いきれなくて中途半端に残ってしまうときってありますよね。

でも、スーパーで購入した食品は冷蔵なので、冷凍庫で凍らせると一塊に固まってしまい使いづらくなってしまいます。まあもちろん自分で小分けにして冷凍保存すればいいだけの話ですが、最初から分けられていればラクですよね。

生協で販売されている冷凍食品は、バラ凍結されていますので、必要な分だけ使用でき、残りもバラでそのまま冷凍庫にポイでラクに例と保存が可能。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭や家族の人数の少ないご家庭はもちろん、そのほかのご家庭でも、便利に利用することができ節約にもつながる…という点が生協などの宅配サービスで日用品や食料品の1週間分をまとめ買いのおすすめしたい理由です。

当然ながら、別に生協の宅配サービスではなくスーパーで買うときもきちんと必要量を把握しておけば節約につながります。注意点は不要なものを買ってしまわないことですけどね!

お菓子とかたくさん買っちゃうと結構無駄遣いが増えますので、そのあたりはよく考えて必要かどうかを判断してもらえば良いと思います。

まとめ

money-2724241_1280

まとめ買いというのは、1週間分をいっぺんに購入するので一見すると毎日少しずつ日用品や食料品を必要な分だけ購入するよりも購入金額が大きいですよね。一度に5000円とか1万円とか使っちゃうと少し気が滅入ってしまうもの。

そのため節約になっていないかも?と感じるかもしれませんが、1か月分のトータルの出費で考えると購入方法を工夫すれば、毎日少しずつ必要な分を購入するのと同じぐらい節約できます。

特に、歩いていける距離にスーパーやドラッグストア、ショッピングモールなどがなく、車で移動する必要のある方は毎日こまめに購入するよりもまとめ買いのほうがガソリン代の節約になり、家計費の節約につながりますからね。

さらに、生協などの日用品&食料品の宅配サービスを利用すれば、お店の中を移動しながら商品を探さなくても、コーヒーや紅茶を飲みながらカタログをゆっくり見て商品を選ぶことができます。予定している献立や日用品の動きにあわせて必要な分だけ購入すれば、家計費だけでなく時間も節約することができますよ。

どの買い物方法で節約できるのかは各ご家庭の事情にもよりますので、毎日少しずつ購入、または1週間まとめ買いそれぞれの購入パターンをとりあえず1週間ずつ試してみて、その結果から自分の家に一番合っている買い物方法で家計費を節約してくださいね。

(最終更新:2018年1月19日)
by
285 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです