妊娠中に乳腺になんだか痛みや痒みが・・・原因と効果的な対処法とは?

妊娠中に乳腺になんだか痛みや痒みが・・・原因と効果的な対処法とは?

妊娠すると自分の身体の変化に少々戸惑います。
もちろん、赤ちゃんを授かって嬉しいのですが、自分の身体であってそうでないような、不思議な感覚です。

そんな症状は妊娠初期から現れます。特に、バストは赤ちゃん出産後の母乳の準備の為、様々に変化していきます。

バストの変化はホルモンの成せる技!

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_m
妊娠初期にバストが張ってくると、赤ちゃんが生まれるから自分の身体が母乳の準備をしているのかな?て思いますよね。そんな身体の変化に嬉しくもあり、戸惑いもあるかと思います。

妊娠すると赤ちゃんの成長のために多くのホルモンが分泌されますが、その中でも卵胞ホルモンと黄体ホルモンが多く分泌され、乳腺の発達を促進します。

乳房が大きくなって張りを感じたり、人によっては乳首が過敏になってしまう事もあります。生理前や生理時に似たような症状が表れる人もいますが、妊娠時の方がより強い張りや痛みを感じる人が多いようです。

妊娠初期の乳腺の痛みや痒み対策とは?

ai3
まずは基本的なことですが、妊娠初期といえどもマタニティ用のブラジャーを着用しましょう。
妊娠前と同じブラジャーでは、ホルモンの分泌によって大きくなっていくバストには耐えられません。

また、下着の締め付けや素材によっても反応してしまうので、妊娠は一時的な事とはいえきちんとマタニティブラを選びましょう。
どうしても耐えられない痛みの場合には、胸全体を冷やしてみて下さい。

お風呂も長時間湯船に浸かるのではなく、張りが強いときなどはシャワーのみでもかまいません。
ただし、体全体を冷やし過ぎるのは赤ちゃんの発育に影響があるので、ほどほどにして下さいね。

また、乳房のかゆみだけでなく体の色んなとこに痒みが現れる場合には、妊娠性掻痒疹(にんしんせいそうようしん)の可能性があるので、かかりつけの産婦人科や医療機関などで相談する事をおススメします。

妊娠初期の乳首の痛みや痒み対策とは?

ai1
乳首に痛みや痒みが現れた場合には、常に清潔を心がけて保湿をしてみましょう。
特に妊娠初期は悪阻がひどかったり体調が悪かったりすると自分の事は後回しになりがちです。

乳首には知らず知らずの内に老廃物や余分な皮脂が溜まっていたりするので、それをキレイに取り除いてあげることが大切です。
でも、妊娠初期は赤ちゃんの発育にとってとても大事な時期です。
汚れているからと言って、乳首をゴシゴシ!洗ったり過剰な刺激を与えたりするのはやめましょう。
あくまでも優しく丁寧に汚れを取り除くのが肝心です。

乳首に白いブツブツが!?これって病気?!

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s
妊娠中は今まで体験した事のないような事を経験しちゃったりします。
特に、バスト部分は母乳の準備をするためか色んな症状が現れます。

乳輪付近にできる白いブツブツもその一つで、モンゴメリー線と言われています。
このモンゴメリー線は特に変な病気ではありません。

乳首と乳輪部分を守る為に皮脂が分泌されてできるものです。
胸の張りと同時にできてくるようですが、出産すると気にならなくなります。

自分の体を知る良い機会です!

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_m
妊娠すると初期段階から色々体が変化して自分の体であってそうでないような不思議な感覚になります。

特に、バストの変化は目に見えるだけに初めての妊娠だと何かの病気にでもなったのかと不安になりますよね。
私の場合は、妊娠してすぐマタニティブラを着用したからなのか、特にバストの張りが辛かった経験がありません。
期間限定のマタニティブラですが、二人三人と出産するなら元は取れるので、快適なマタニティライフを送るなら購入をおススメします。

また、妊娠期間中は自分の体を観察するのに良い機会です。
自分のバストをしっかり観察して、出産後もしこりが無いかなどのチェックをするように習慣づけましょう。

まとめ

540a31fec0971941ab955b552b13d560_s

妊娠中はちょっとした体の変化も気になりますよね。悪阻が治まったり体調が良い時はしっかりとバストケアをして、清潔にすることを心がけましょう。張りによる痛みや痒みがひどい時には、かかりつけ医に相談する事も忘れないで下さいね。

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事