これでOK!急な下痢・腹痛の原因と対処法まとめ!突然の下痢に悩まされないためにできること

これでOK!急な下痢・腹痛の原因と対処法まとめ!突然の下痢に悩まされないためにできること

寒い季節は急にお腹が痛くなること、ありませんか?
ふと
「昨日何か変なものを食べたかな?」
「お腹を冷やしたかな?」
などとよぎりますが、とにかくお腹が痛い!

用事があって、腹痛や下痢の状況でも休めないときはとにかくつらいですね。
急な下痢や腹痛の原因、対処法についてご紹介します。

今すぐ止んで!下痢の止め方と対処法、予防法とは

0b4752b49968e048465baf2a2baee78e_s
下痢をとにかく止めたい!と思う時は原因を知ることより止めることが優先ですよね。
原因を突き止めることは難しいですが、止める方法はいくつかあります。

急な腹痛を和らげる方法とは

お腹が痛いとき、本当に動けないほどつらいこともありますよね。
とにかくすぐにお腹の痛みを和らげたいときに試したい方法がいくつかあります。

お腹をさする

小さい頃、よくお腹が痛いと母親がお腹をさすってくれた経験はありませんか?
これは不思議と効果があり、痛みが治まることもあります。
親の手ではなく、自分の手でも効果が期待できるのでおススメです。

お腹をさすると摩擦熱でお腹が温まり、血行が良くなります。
冷えからきている腹痛なら、温めることでよくなることがあるのです。

マッサージするようにお腹を反時計回りにさすることがポイントです。
この方法は腸の動きを抑制する効果が期待できます。

お腹を温める

お腹を温めることは、かなり効果的です。
ホッカイロや温かい飲み物などをお腹に当てて、温め血行を良くします。

お腹を開放する

お腹を締め付けていませんか?
ベルトやズボンなどを緩めて、お腹の締め付けをほどきましょう。
お腹を圧迫していることで痛みが出ていることがあります。

温かい飲み物を飲む

体内から温めることで、腹痛を和らげることができます。
飲む飲み物はお茶か紅茶がおススメです。
牛乳などの乳製品は逆効果になるので、避けましょう。

急な下痢を和らげる方法とは

下痢ははっきり言って我慢できません。トイレに行くのが最善です。
それでもたびたびトイレに行けないこともあります。
そんな時に試したい方法がいくつかあります。

下痢止めを飲む

本来、下痢というのは止めずに出す方がいいと言われているので非常時だけの服用がおススメです。
下痢用に作られているお薬は、よく効くといわれています。
水なしで飲める薬もあるので、普段からよくなる人は、カバンに入れておくと安心ですね。

その他にも

お尻の筋肉をしめる
ほかのことを考える
手をつねるなどして、気をそらす
ツボを押す
深呼吸する

などやり過ごしたりごまかしたりする方法はあるようですが、どれも根本的な対処法にはなりません。

下痢はとにかくトイレで出す!です。
そして忘れてはいけないのが、水分補給です。
下痢の時はいつもより水分が失われやすいので、積極的に飲むようにしましょう。
もちろん消化にいい温かい飲み物がおススメです。

考えられる腹痛や下痢の原因とは

一度辛い腹痛や下痢を経験すると、もう2度となりたくないと思いますよね。
腹痛や下痢に考えられる原因がいくつかあります。

冷え
ストレス
食中毒
食あたり(食べすぎ、飲みすぎ)
消化不良
体調不良

思い当たることがあれば、日ごろから緩和したり気を付けたりすることで、腹痛になることが減ります。

下痢や腹痛が毎日続く時は要注意

下痢や腹痛は、何か病気の暗示という場合もあります。
あまりにも痛みがひどいときや、何日も続く場合には病院に行くことをオススメします。

どんな痛みなのか、どんな下痢なのかをよく観察し、いつもとあまりにも違う場合はすぐに受診してくださいね。

冷え性の人も要注意

すぐにお腹が痛くなってしまう人は、冷え性の場合があります。
そういう人は日頃からお腹を冷やさないような工夫が必要です。

温かいお風呂にゆっくりつかる
靴下をはき、お腹周りを冷やさない服装を心掛ける
日頃から冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲む
体を温める食品(しょうがなど)を積極的に摂取する
乳製品を控える

とにかくお腹を冷やさない、足を冷やさない、体を冷やさないことが大切です。

まとめ

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
お腹が痛いと、楽しい気分も台無しですよね。
お腹が痛いときはゆっくりすることが一番ですが、どうしてもできないときは何とかやり過ごしたいものです。
あまり続く時は、病気の前触れということもあるので、自己判断せずに病院に行くことをオススメします。

お腹の痛みに悩まされることなく、穏やかに過ごせるといいですね。

2098 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事