嫌な感情や怒りが顔に出る性格を直したい。改善のための方法を考える

嫌な感情や怒りが顔に出る性格を直したい。改善のための方法を考える

皆さんは、自分の感情をコントロールすることができますか?

クールに物事を処理することができない方は、人から貶されれば怒りが顔にあらわれ、人に自慢話をされるといやな感情が芽生え、そのことが要因で不機嫌な顔になってしまうこともあるかもしれませんね。

自分の感情や怒りが即顔に出てしまうと、相手にそれが直に伝わってしまいます。

そのことが要因で身近な人とのコミュニケーションがうまくいかなくなってしまう可能性もあるでしょう。

そんなまずい状況に陥るのを防ぐために、ここでは、嫌な感情や怒りが顔に出る性格を改善するための対処方法をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

「自分の感情をなるべく表に出さないで、いつもポーカーフェイスでいられるようになりたい!」という方は、要チェックです!

嫌な感情や怒りが顔に出る性格を改善するための対処方法!

mirror_woman

自分の気持ちに素直な人であればあるほど、相手の対応や言動によって嫌な感情や怒りが巻き起こったら即座に顔に出てしまうことでしょう。

ですが、嫌な感情や怒りが巻き起こったときの表情が相手に与える印象は決して良いものではありませんので、できれば負の感情が表に出るのは避けたいところですよね。

では、どうすれば嫌な感情や怒りが顔に出るのを避けることができるのかについて検証させて頂きますね。

鏡を見て自分の表情を観察しよう!

嫌な感情や怒りが生じたときにその感情を顔の表情にあらわさないようにするための方法としておすすめなのが、鏡を見て表情の研究をすることです。

いじめなど嫌悪感を生じるシーンがある映画や、自慢ばかりするようなキャラクターが登場する映画などを鑑賞しながら、その映画の嫌なシーンになったときに鏡を見て自分がどんな表情をしているのか見てみましょう。
そして、どんな嫌悪感を生じる映画のシーンを見ても嫌な顔にならないようにする訓練を、鏡を見ながら行ってみてください。
そうすれば、負の感情が生じたときに顔に出さないように自分を変えていくことができるでしょう。

負の感情があらわれるときに、人の顔の額や目じり、口元などには美容を気にする女性の大敵である皺が深々と刻まれますので、いつも可愛らしく素敵な女性であるためにも、自分の表情が負の感情に支配されないように普段から鏡を見ながら負の感情が表にあらわれないように訓練しておきましょう。

また、嫌な感情や怒りが巻き起こったときそれが顔に出てしまう人というのは、感情の起伏が激しく、感情のコントロールが難しい人であると言えると思います。

そんな怒りの感情や嫌な気分に振り回されがちな方は、どんな嫌なシーンに遭遇しても理性的に行動できるように、自分を変えていきましょう。

たとえば、人と待ち合わせをするときに時間ギリギリに到着してしまうと、あせって急いだ分、イライラしてしまいます。その後の行動時にそのイライラのせいで感情をコントロールできなくなり、待ち合わせしていた友人や知人から口さがないちょっとした一言を浴びせられただけで、すぐに怒りや嫌な気分が顔に出てしまうことでしょう。

けれども、待ち合わせ時間よりも30分以上余裕をもって待ち合わせ場所に到着できるようにお出かけすれば、気持ちにもゆとりがもてますので、その後の行動時も相手の言動にゆとりをもって対応でき、例え嫌なことを言われたとしてもイライラせず穏やかに対応することができます。

あと、口角が上がっていると人に良い印象を与えますので、日頃から口の両サイドの口角を上げるように鏡を見ながら訓練しておくと嫌な感情や怒りが顔に出るのを防ぐことができます。

まとめ

kaigi_woman2

いつもポーカーフェイスでクールな人ならともかく、とかく人というのは自分の感情に流されがちなので、どうしても嫌なことがあると顔に出てしまうという人は多いと思います。

そんな時は、上記でご紹介させて頂きました対処法を試してみてください。

そうすれば、きっと嫌なシーンに出くわしても感情を表に出すことなく、穏やかに対応することができるようになるでしょう。

(最終更新:2018年4月22日)
by
175 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです