文句ばかり言う彼氏を一発で黙らせる方法とうまく付き合う方法

文句ばかり言う彼氏を一発で黙らせる方法とうまく付き合う方法

付き合った時はお互いに文句なんていうことがほとんどなかったでしょうが、付き合っていくうちにどんどんと文句は出てくるもの。
デートしている間に文句ばかりだと気持ちも冷めてきてしまいますよね。というわけで、今回は文句ばかりいう彼氏を黙らせる方法について考えていくことにしましょう。

しつこい!ネチネチと姑のように攻めてくる彼氏

男性の中には女性のような性格の人もいて、ネチネチした言い回しで文句ばかり言ってくる男性もいらっしゃいますよね。そんな男性だと自分が耐え切れなくてつい別れてしまうカップルも大勢います。

そんな彼氏の対処法として、まず、彼氏と同じようにネチネチと攻めてみましょう。なんでそんな言い方してくるの?と言われたら、「あなたと同じことをしただけ」とさらっと返してみるのです。

そうすると彼氏も自分が今までどういうことをしてきたのかわかるんじゃないでしょうか。自分のことを客観的に見えるので効果は抜群です。しかし、「俺はそんな言い方しない!」などキレられたら別れたほうがいいかもしれません。

同じ事をやって客観的に見れないということは、自分主観でしか物を考えられないですからね。

モノマネしてみる方法の次は、ストレートに「その言い方なんなの?」と彼氏に伝えるというのもあり。誰だって文句ばかり言われてしまうのは嫌ですよね。

なので「私もそういう言い方しないように気をつけるから」と言葉を添えてネチネチした言い方しないように注意してみるんです。自分の欠点に気が付いていない彼氏なら素直に反省してくれるので、そこに期待することにしましょう!

あと有効的なのは、「それ前も聞いたよ」と言葉をシャットアウトさせちゃうんです。この時大事なのは、彼氏に文句の続きを言わせないように次の話題を出すこと。

文句ばかり聞きたい人間なんてそういませんから、彼氏が文句を言いそうになったら話題を提供することを考えたほうがいいでしょう。

ネガティブな文句は移ってしまう

意外にも精神的なうつ病とかって、周りの人間にも伝染しやすいものです。とくにネガティブなほどそちらのほうに引き寄せられてしまいます。

なので、あまりにネガティブなことばかり言われてしまうと、自分もそちらの方に引っ張られているような感覚ってありますよね?そんなときは、ネガティブなことを言われるたびにポジティブなことを言い返しましょう

例えば「会社に行くのがつらい」と言われたら、「会社が終わったら新しくできた店に外食しに行こう!」とか言ってみるのもいいかもしれません。

会社に行くのはしんどいかもしれませんが、働き終わったら、楽しいことが待っていると考えさせるのが目的です。他にも「行列並ぶのがしんどい」といわれたら「その分会話が増えるから楽しい」など、ポジティブなことを返していけば、彼氏も徐々にネガティブなことを言わなくなるかもしれません。

ネガティブなことを言わなくなるまでかなり時間はかかるかもしれませんし、その前に自分がギブアップしてしまうかもしれませんが、ずっと一緒にいたい彼氏となら実践してみてくださいね。

えっ?!子供なの?彼氏の言い分が子供過ぎるとき

彼氏の言い分を聞いている時に「なんか…子供っぽいな…」と思ったことってありませんか?実際男性は年齢よりも子供っぽい男性の方が多いです。

とくに思春期なんて女性の方が精神的な成長をするのが早いですよね。だから同年代の彼氏と付き合っているとどうしても彼氏が子供っぽいなと感じてしまう彼女も多いはず。

なので、文句をつけるときも子供っぽい言い分が多いですよね。そんな彼氏は同じような喧嘩をしないことです。こういう彼氏は同じく怒ってしまうと別れ話にまで発展する可能性が非常に高い!

なので、このときの正解は優しく彼氏を受け止めてあげること。彼氏は子供だと思えばそこまで腹も立ちませんし、彼氏も受け止めてもらえているという満足感と安心感でさらにあなたのことを信頼してくれるようになります。

こういう男性は「自分は認められていない」と感じている男性が多いそうなので、全肯定してあげることによって精神的に安定しますので大人になっていくでしょう。

脚注
ちなみに、精神年齢を調べるテストみたいなものをやらせてみると、彼氏がどれくらいの精神年齢なのかを簡単に調べられます。
例えば、以下のページだと数回の質問に答えることで自分の精神年齢がわかります。

>>精神年齢測定

なお、脚注を付けた人の精神年齢はこのようなものでした…まだ20代なのですが…。これはひどい…。
seisin

実は女性の方が攻撃的?!

実は女性の方が男性に比べて喧嘩腰で話しかけていることが多いそうです。「水出しっぱなしでだらしがない」や「やりっぱなし脱ぎっぱなしでだらしがない」など、そういう言葉がつい女性は出てしまうんだそうですよ。

なんとなく言葉だけだとお母さんのような言葉を喧嘩腰で投げかけてしまうそう。この時に男性は防御するために「気がついたほうがやったらいい」なんていう言葉を出します。そりゃそうですけど、、、「でもそれあんたがやったんでしょ!!」と言いたくなりますよね。

こういった言葉を出されたらなんとなく腹が立ってイラッとしてしまいませんか?

ここで素直に言いすぎた、ごめんという言葉を出せれば喧嘩せずに終わるのですが、女性はついつい「なんで言い訳してんの?」とつい男性を責めてしまうんですよね。

なので、男性が文句を言う時もそうですが、女性も文句を出すときは一度頭で考えて深呼吸してから言葉を出すようにしましょう。そうすると言葉も尖らずに喧嘩腰で話しかけることもないので無駄な喧嘩をすることもないかもしれません。

まとめ:彼氏の文句は臨機応変に対応しよう

いかがでしたでしょうか?せっかく好き同士で付き合っているのに喧嘩別れしてしまったりしたらもったいなくありませんか?
彼氏も人間なので、虫の居所が悪かったりすることもあります。

全て受け入れてあげる必要はありませんが、せめて寄り添ってあげましょう。
この記事があなたの役に立つ事を祈っています。

(最終更新:2016年12月28日)5916 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです