50代で仕事を辞めた早期退職者男性ができる仕事とは?まだ再就職が必要な理由とは

50代で仕事を辞めた早期退職者男性ができる仕事とは?まだ再就職が必要な理由とは

勤務先の経営状態が悪くなるなどの理由で、早期退職希望者が募られる、持病や突発的な疾病などにより退職を余儀なくされるなどの理由で定年を前に50代で勤務先を退職せざるを得ないことは誰にでもあり得る話です。

そんな50代で退職せざるを得なくなった早期退職者である男性ができる仕事は何があるのか、また、なぜ50代で早期退職した男性は再就職が必要なのかについて、以下にご紹介させて頂きたいと思います。

50代で早期退職された方、もしくは50代で早期退職を希望されていらっしゃる方は、ぜひ、以下の記事をご覧になってくださいね。

50代早期退職者男性ができる仕事とは?

4f4d47a1e3a6188102757c54dc838060_m

50代で早期退職したとはいえ、現在は定年を過ぎても働き続ける人が多い時代なので、まだまだ働き続けたいと希望するのであれば、できる仕事はいろいろあると思います。

そこで、50代早期退職者男性ができる仕事をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

自分のこれまでの勤務経験が生かせる仕事

早期退職をした場合、再就職するのはなかなか難しいとは思いますが、場合によってはそれまで勤務していた会社の関係先の知り合いからそれまでの経験を買われて求人依頼の連絡が来る場合もあります。

さらに、会計などの知識がある場合は、給与はそれまでより少なくなる可能性もあるかもしれませんが、経理の仕事の求人に応募すると採用される確率が高くなると思います。
技術者であれば、その資格や技術が買われて同業他社に入社できる可能性もあります。

これまで勤務していた職場と同じ業種、職種で探してみれば年齢的には不利かもしれませんが、異業種にアタックするよりも採用される可能性が高いと思います。

介護関係の仕事

介護職は、ハードワークですが、常に働く人を募集している職種なので、早期退職者の場合退職金が割増しでもらえる場合が多いと思いますので、体調に問題がなければそのお金を使って介護関係の資格を取り、介護職に従事するのもいいかもしれません。

給与的には前職よりも少なくなる可能性があるかもしれませんが、介護職の求人は常に募集しているような状態なので、介護という仕事に抵抗がなければ、資格を取ればすぐに仕事が見つかるおすすめの仕事であると思います。

警備の仕事

警備の仕事も50代以上の男性にとっては再就職しやすい職業だと言えます。

警備には施設警備や誘導警備、輸送警備や身辺警備業務などがありますが、中でもビルや一般住宅、遊園地や駐車場などの施設を警備する施設警備は警備経験がない男性であっても比較的取り組みやすい仕事であると思います。

マンション管理人の仕事

50代で早期退職された方におすすめなのがマンション管理人の仕事です。
仕事内容は、マンションの内側や周辺の清掃、ゴミ捨て場の管理、設備点検と見守り、電球などの交換、受付での警備や鍵の管理、苦情の受付と処理緊急時の連絡など様々です。

体力はそれほど必要としないのですが、体が弱く、ストレス耐性がない方には不向きな職場であると思います。
それでも、マンション管理人は中高年の再就職先として人気の職場なので、求人があっても競争率は高めなようです。

在宅ワーク

プログラミングやWEBデザイン、CAD、翻訳、ライティングなどの技能を持っていらっしゃる方であれば、クラウドソーシングの会社に登録するなどして在宅で仕事ができる場合があります。
場合によっては月に40万円から50万円くらい稼ぐことができるようです。

在宅ワークの場合は、これまでの会社勤めのように組織に縛られることなくお仕事ができるメリットがあります。

資格経験不要の仕事

コンビニ

コンビニの仕事はやる気さえあれば、資格や経験などは必要なく誰でもできるものです。
50代以降(のように見える)でコンビニで働いている方は意外とたくさん見かけますよね。

ただし注意しないといけないのが、働いているのは自分より若い人が多いということ。
学生が多い地域だと若い人に混じって働かなければなりません。自分より年下の上司や先輩(20代の学生など)がいたとしても平気な顔をして働ける気概がある方でなければやや難しいともいえます。

ただ、田舎のコンビニであれば若い人もあまりおらずどちらかと言えば40代以降の主婦の方なども見かけます。
地方在住の方は一考の余地があるかもしれませんね。

郵便配達員

郵便配達の仕事も資格がいらない仕事の一つです。もちろん、未経験でもOKです。
郵便配達は基本的に一人で行うため、若い人に混じって仕事をするのが苦痛だという方には向いていると言えるでしょう。

頻繁に募集のチラシがポストにはさまっているので、募集要項をじっくり見てみるといいですね。

早期退職者がなぜ再就職する必要があるのか

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_m

早期退職者がなぜ再就職する必要があるのかというと、子供がまだ独立していない場合は、学費を支払わなくてはいけないでしょうし、毎月の生活費も必要です。

さらに、マイホームの住宅ローンを完済していない場合は、住宅ローンも払い続けなくてはいけません。
それらの出費を考えると、いくら退職金を割り増しでもらえていたとしても再就職しなくては生活が苦しくなる可能性があります。

さらに、まだ50代なのに仕事もしないでお家でごろごろしていると、ご近所や家族の印象も悪くなってしまいますし、第一長い間何もしていないと退屈してくるはずです。

やはり、身体的に健康でまだまだ働けると思ううちは、前職より給料が安くなってしまっても働き続けるほうが健康的だと言えるのではないでしょうか。

なにより気にしなければならないのが、老後のお金です。
貯蓄や退職金が2000万円以上ある、ということであれば年金支給まで食いつなぐことも可能かもしれません。

しかし、それより少ない額であれば外に出て働くほうが良いといえます。

株などで資産運用している人でも、経済状況の変化や株式を保有している会社の不祥事により資産が目減りしてしまう可能性も十分に考えられます。

長期的に見れば、働くのは自分のメンタルを正常に保ったり生活にメリハリをつけるのにとても大切。

長きにわたって社会人生活をしてきたのに、突然社会からつまみ出されると生活習慣が180度変わってしまいます。そのため、抜け殻のようになってしまうということもあるのです。

ですから、無理をしない範囲でできる仕事を探すのがベストといえます。

まとめ

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_m

50代早期退職者男性が再就職先を見つけるのはそれほど簡単ではないと思いますが、慢性的に人手不足な介護職など50代でも就職可能な職場は色々あります。

なので、住宅ローンや子供の学費の支払い、毎月の生活費や自分の心身の健康をキープすることを考慮したら、たとえ前職よりも給料が安くなっても再就職し働くことをおすすめします。

by
2371 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事