赤ちゃんにおすすめの入浴剤を活用してバスタイムを満喫するすすめ

赤ちゃんにおすすめの入浴剤を活用してバスタイムを満喫するすすめ

赤ちゃんと一緒のバスタイム!
新米ママにはちょっとヒヤヒヤすることもありますが、赤ちゃんの気持ちよさそうな顔を見ると、一日の疲れも吹き飛んでしまいますよね。
せっかくなら、良い匂いがする入浴剤を入れて、子供も親も保湿できれば…一石二鳥ですよね。
今回は赤ちゃんにお勧めの入浴剤を調べてみました。

入浴剤は使ってもいいの?

そもそも赤ちゃんとの入浴に入浴剤は使っても良いのでしょうか。
新生児は沐浴(もくよく)をするので、入浴剤を使わない人がほとんどですよね。
1ヶ月をすぎると一緒にお風呂に入れるようになりますが、ママやパパが入浴剤を愛用している場合、赤ちゃんにも良いのかどうか心配になりますね。

基本的には、商品情報に「赤ちゃんも一緒に入れます」と書いてあるようなものは、3ヶ月ごろからOKなようです。

私の場合、沐浴のときに使っていた「スキンベープ」という沐浴剤が余ってしまったので、まずはそれを入浴剤代わりに使っていました。新生児のころから使っていたものなので、赤ちゃんには問題ないでしょうし、大人の肌にも、もちろん優しいので、安心ですよね。初めての入浴剤練習にはおすすめです。

赤ちゃんにおすすめの入浴剤3選

74ed274c96b8454cd59ee68165d1f8d7_s

まさに「赤ちゃんのための入浴剤」代表選手。あせもオムツかぶれなど、赤ちゃんの肌のトラブルを考えた処方になっています。低刺激・弱酸性・無香料・無色素・ノンアルコールという点が、大人の入浴剤とは違うところですね。

強すぎないラベンダーの香りは好き嫌いが分かれますが、私の子供は気にいってました。せわしい日常の中、これを入れてお風呂に入ると、ゆったりした気分になれましたよ。湯上りはほっこりして、保湿だけでなく保温効果もありました。

ツムラ 薬用ソフレ

アトピタ 薬用入浴剤ボトルタイプ

保湿効果を重視するなら、アトピタがおすすめです。赤ちゃんのカサカサ肌に悩むママの味方として、アトピタは有名ですね。私の子供はローションを愛用しています。入浴剤も肌に優しい成分が使われており、刺激が少ない処方で、十分な潤いを与えてくれます。

無香料、天然色素使用、防腐剤無添加なので安心ですね。大人の乾燥肌にも効果があるようです。
ミルキーな匂いがしますから、赤ちゃんも気持ちよさそうです。名前から勘違いしてしまいそうですが、「アトピーを止める」というわけではないので、ご注意を。

Lush

ある程度大きくなった赤ちゃん(1歳以上)ならLushの入浴剤はいかがでしょう。Lushのバスボムは色鮮やかで形も可愛いので、特別な日に使えば大喜びすること請け合いです。色も匂いも派手なので、苦手な人もいるとは思いますが…。

自然派コスメであり、年齢制限などはないようですが、赤ちゃんの肌の強さは個人差があるので、少量でパッチテストをしてからが良いかもしれません。美味しそうな匂いがするので、水をお口に入れないようにも要注意です。

まとめ

どの入浴剤にも言えることですが、初めての種類を使う際は、少量ずつ試して、赤ちゃんの肌に異常があるようでしたらすぐに止めましょう。もし何かあった場合は放置せず、ちょっとした湿疹でも皮膚科にみてもらったほうが安心できると思います。

入浴剤は赤ちゃんの肌を保湿するだけでなく、バスタイムをちょっとだけ特別で優雅な時間にしてくれます。リラックスできるバスタイムを赤ちゃんと一緒に過ごしてくださいね。

1092 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事