フリーターだけどバイト辞めたい!円満にアルバイトを辞める方法と切り出し方例文

フリーターだけどバイト辞めたい!円満にアルバイトを辞める方法と切り出し方例文

フリーターの人の生命線、バイト。しかしやはり辞め時というのはあるものです。
人間関係がきつかったり、シフトが合わなくなってきたり、他にやりたいことが見つかったり。辞めるきっかけは様々ですが、切り出すのはちょっと勇気が要りますよね。

円満な辞め方

ギリギリまで言わず、急に辞めるのは止めましょう。もちろん、何も言わないまま行かなくなる、いわゆる「バックレ」も厳禁です。理想は辞める1ヶ月前には伝えることです。
フリーターともなると、シフトも多く、専属の担当もあるでしょう。一人いなくなるだけで、店としては大変困ります。長く勤めていて、恩があるバイト先であれば、次の後任が決まるまで猶予を持って辞めるのが、一番円満といえます。

辞めるきっかけ

-shared-img-thumb-PAK85_notepc20150319202127_TP_V (1)
フリーターになった理由は様々ですし、それに伴って辞める理由も様々でしょう。
基本は辞めたい理由をそのまま伝えるのが理想ですが、うまく伝えないと止められる可能性もあります。店側には大きな戦力ですから、のらりくらりと辞めるのを延ばそうとする事もあるのです。

夢のため

夢があって就職をせず、フリーターになった人も多いでしょう。
芸人さんやミュージシャン、声優さんなどは、フリーターをしながら頑張っている人が大半ですよね。
夢のほうで大きなきっかけがあった場合、仕事を抑えてそちらに力を入れたいと思うのは当然です。
その場合は素直に「夢に近づけそうです。今は仕事をやめて、そちらに集中したいです」といえば、きっと応援してくれるはずです。夢の内容によっては、心強いファンの一員になってもらえるかもしれませんよ。

就職のため

就職が決まって、バイトをやめるのであれば、それは正当な理由です。就職先を伝えればすんなり辞められるでしょう。あまり仕事の内容を伝えたくない場合は、「まだ内定の段階なので詳しくはお話できない」とやんわり伝えましょう。
あなたの頑張りを祝してくれるでしょうし、嫌な雰囲気にはならないはずです。

家の都合

例えば、近しい家族の介護や、家の仕事を手伝わなくなってはいけなくなった場合もそれをそのまま伝えるのが一番です。
あまり家の事情を言いたくない、という人もいるとは思いますが、やはりフリーターともなると、辞めるきっかけもそれなりの理由がいります。素直に内情を話すことで周りも納得し、辞めやすいように力になってくれるでしょう。

他の理由

とにかく人間関係がイヤだ、というとき。信頼できる人に話して、その嫌な理由が解消できるようなら協力してもらいましょう。ただし、フリーターにとって、シフトをずらす、というのは難しいものですよね。仕事の担当が替わっても、人間関係のつらさが解消しなかったときは、「申し訳ないですが、他で就職が決まりそうで…」など無難にありそうな理由を伝えて辞めるのが良いかもしれません。いろいろ聞かれそうで困る場合は「全部決まってから最後にお伝えしますが、とりあえずしばらく忙しくなるのでバイトは辞めさせてください」ときっぱり言えば、それ以上突っ込まれることもないでしょう。

他の仕事が魅力的に見えてきたというときは、やはりそのまま伝えると角が立ちますよね。
こっちのほうが給料が安い、シフトがきつい、などマイナス面は伝えずに「どうしてもやりたい事が出来まして…」などと伝えたほうが良いでしょう。

まとめ

一番大事なことは、今まで気づいた信頼や人間関係を台無しにしないことです。今後の仕事にもそれは響いてくるはずです。それには、きちんと前もって伝えること、辞めるまでは誠意を持って働くことが何より重要といえるでしょう。

1533 PV
CATEGORY :

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事