適齢期なのに婚期を逃す女性…結婚できない女に共通する特徴と改善策

適齢期なのに婚期を逃す女性…結婚できない女に共通する特徴と改善策

女性はどうしても「結婚」という言葉が付きまといます。
彼氏がいると「いつ結婚するの?」
彼氏がいないと「そろそろ結婚は?」

もちろん結婚したい。でもタイミングやきっかけがない。
そう思っている女性もたくさんいるのではないでしょうか。

そんな結婚したいのにできない女性はどうしたらいいのかご紹介します。

結婚したいと思っているだけではできない!結婚できない女性の特徴や対策

b9b94c2f54405bf4b1218cfb3c66d8bf_s
彼氏がいないのにずるずると付き合っている人、結婚したいのにいつまでも独身の人、ひそかに悶々と悩んでいる女性がいます。
どうして結婚にたどり着けないのでしょうか。

婚期を逃しがちな女性の特徴とは

「結婚適齢期」というのは一般的に20代というイメージがあります。
20代後半になると「そろそろ結婚」と周りも思い始め、ひそかに焦りを感じる女性もいると思います。

彼氏がいるから大丈夫、と思っているのにだらだらと付き合っていてなかなか結婚にたどり着けない人もいます。
どんな人が逃しがちなのでしょうか。

理想の高い人

今の彼氏に満足していない人は、やはりどこか迷いがあり、結婚に至りません。
常に理想があり、こうであってほしいと求めている女性は結婚はなかなか難しいのです。

相手に求めてばかりの人

結婚というのは相手に求めてばかりだとなかなか実現しません。
自分から動いて、一緒に歩めるようになりたいものです。

尽くしてほしい人

いつまでもちやほやされたいと思っている人は結婚は難しいでしょう。
男の人は「自分が尽くされたい」ものです。結婚となるとますます尽くしてくれる女性を選ぶようになります。

自分で何でもできてしまう人

男の人というのは「女性を守りたい」と思うことでこの人と結婚したいと思うことが多いようです。
弱いところが見えない人は「一人で大丈夫でしょ!」と思われてしまいます。

お金遣いが荒い人

服がいつも違う、ファッションにばかり気を遣う、などなどお金がかかりそうだなと思う女性には、男性はちょっと結婚を申し込むのにためらうと思います。
金銭感覚が近い人同士だと結婚に結びつきやすいようです。

暗い人

結婚して「明るい家庭を築きたい」と誰もが言うように、明るいは基本です。
暗い人やネガティブな女性は奥さんにはしたくないと、当然思うようです。

家庭的ではない人

料理ができない、子供が嫌い、洗濯が苦手、掃除が苦手など、人間だれしも不得意なことがあるとは思いますが、どれもできない、するのも嫌い、努力もしないとなると結婚が遠のきます。

どうすればいいの?結婚できない女性が結婚に近づく方法とは

結婚できない女性の特徴に当てはまっているとすれば、どうすればいいのでしょうか。
結婚できるように少しでも自分の意識を変えることで、近づくことができます。

「自分」のことばかりではなく「相手」を考える

自分のファッション、価値観、理想などばかりにとらわれている人はなるべく「相手」に合わせるようにしましょう。
相手のことを考え、相手に合わせて考えられる人は「結婚」が近づくだけではなく、結婚しても長続きします。

求める人ではなく求められる人に

尽くして!何かして!これして!あれして!と言っているうちは結婚できません。
相手の話を聞いていますか。
何かをするわけでなくてもいい、話を聞いたり、気持ちに寄り添える人になりましょう。
そうすることであなたと一緒にいたいと求められ、結婚を申し込まれることでしょう。

家庭的な人を目指そう

男性はやはり家庭的な人が好きです。
料理ができる、部屋がいつもきれい、洗濯が好き、子供が好き、なんでもいいのです。
なにかひとつでも「奥さんになったらこれができる」というものがあれば、あとは苦手でも結婚した後からでも頑張れます。

心を許す・許される人

何でも一人でできてしまう人は嫌煙されてしまいがちです。
でも仕事もバリバリできて、物事もはっきりしていて、という女性だって結婚している人はたくさんいます。
「結婚したい」と思っている人には心を許していますか。
甘えたり、弱音を吐いたり、その人の前で心を許していますか。
とても大切なことですが、意外と難しくてできずに婚期を逃している人もいるようです。

まとめ

e872b87c5ac6ca38dd8d978b62663e80_s
結婚というのは一人ではできません。
したいと思ったときにできることではないので難しいですよね。
「この人と結婚したい」と思える人が現れたら、その人と結婚できるようにするということもとても難しいです。
だから努力する。
結婚しても努力の連続です。
結婚して後悔することがあるかもしれませんが、自分が選んで、導いた結婚なら、その後も頑張ることができると思うのです。
結婚がゴールではないけれど、とりあえず目指したい結婚。
自分の中の「婚期」を逃さず、結婚したいですね。

823 PV
CATEGORY :

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事