月曜は仕事も会社も行きたくないし憂鬱で嫌…モチベーションを復活させる方法とは?

月曜は仕事も会社も行きたくないし憂鬱で嫌…モチベーションを復活させる方法とは?

「会社に行きたくない」
社会人なら誰でも一度は思うことです。

特に月曜日というのは職種にもよりますが土日などに休んでまた仕事が始まる曜日とあって、行きたくないと思うことが多いと思います。

それでも行かないわけにはいかない人がほとんど。
どうしたら晴れやかに月曜日を迎えることができるのでしょうか。
月曜日にすっきりと会社に行けるモチベーションのあげ方をご紹介します。

日曜の夜からすでにイヤ!会社に行きたくない理由や対処法

4be232d7ba0f4f66bb1caa90d2d073de_s
仕事のことを考えると行きたくなくなる。
子どもだってもしかしたら学校に行きたくないということもあるように、月曜日は何となくだるいものです。
でも仕事を休むわけにいきませんよね。
何とか自分を奮い立たせていくと思いますが、少しでも気分を上げていきたいものです。

どうして行きたくないの?みんな一度は経験するいやな気持ちとは

仕事がうまくいっている人、仕事が楽しい人は月曜日が来ても平気なのではないでしょうか。
行きたくないと思うのはやはり、仕事が楽しくない、うまくいっていない、失敗したなど何かしら原因があるものです。

行きたくないと思う理由
仕事でミスをした
職場に気が合わない人、意地悪をする人がいる(上司や同僚など)
仕事自体がキツイ、もともとしたくない仕事である
ノルマがある、締め切りがあるなど追われている
通勤がしんどい、職場が遠い
朝が早い、残業が多いなど勤務時間が長い
休みが少ない、給料が少ない

行きたくない気持ちには必ず理由があります。
その理由を知ることで気持ちの切り替え方を探ることができます。

行きたくないけどいかなくちゃ! そんなときの気持ちの切り替え方

仕事に行きたくないけれど、それなら休んじゃえ。
とそんなことができないのが社会人です。
切羽詰まるほどなら、思い切って休むこともあり得ますが、自分にしかできない仕事が待っている場合は休めないことがほとんどです。

職場の人とうまくいかない場合

仕事に行きたくないと思う理由で一番よくあるのが、対人関係での悩みです。
仕事自体は自分の好きなことを選んでいるはずなのに、職場によって出会う人に左右されて仕事までも嫌になってしまいます。
その会いたくない人に言われたことを思い出したり、顔を思い出したりするだけで憂鬱になります。

その人が上司など目上の人だったり、逆らえない人だったりしたら直接言うことは難しいですよね。
相談できる同僚や、解決してもらえそうなもっと偉い人など、誰かに相談しましょう。
愚痴るだけでもすっきりすることがありますが根本的な解決にはなりません。
耐えるか、とにかく折り合いがつくまで解決法を見出すかになります。
その人となんとかうまくやっていこうとするなら、とにかく向き合ってみましょう。

仕事でミスをした場合

ミスをしたら怒られるし、取り返しがつかないこともあります。当然落ち込みますよね。

誰だってミスはあります。
ミスをしたときは、後回しにしないことです。
ばれるかな、また怒られるかな、と気にする時間があるなら、一刻も早くそのミスを認め、謝り、カバーしましょう。
ミスを取り返したらいつまでもくよくよするのはやめて、もうミスをしないためにはどうしたらいいかを考えましょう。

仕事が楽しくない、したい仕事ではない場合

どんなに興味があって良かれと思って付いた職でも、必ず嫌なことがあります。
たとえばまだその仕事を始めたばかりなら、もう少し頑張ってみましょう。
1年頑張って、それでもやっぱり自分には合わない、楽しくないと思うのであれば転職を考えるのも悪くはないと思います。
無理に頑張って体を壊すのはよくありません。そんな時は潔くやめるのもアリです。
いつでも辞められる、と思えば1年は頑張ってみることをオススメします。

おススメの休日の過ごし方

どんな理由にしても、仕事が嫌で月曜日だけでなく毎日嫌な気持ちで朝を迎えるのはつらいことですね。

仕事は楽なものではありません。
時にはしんどくても辛くても頑張っていかなくてはいけません。

それなら休日はそんな嫌な仕事も頑張れるくらい、楽しい日にしたいものです。

自分の好きなことをとにかくする(趣味)
自分の好きなものを食べる(楽しい食事)
好きなだけ寝る(睡眠)
楽しいテレビや本、映画を見て笑う(笑顔)
好きなところへ行く(旅行)

とにかく仕事のことを忘れましょう。
そして月曜日から始まる仕事の時は次の休日のことも考えて、楽しみに仕事を頑張りましょう。

日曜日の夜は特に次の日の仕事のことを考えて嫌な気分になりがちです。
そんな時こそ、次の休日の過ごし方の計画を練り、仕事への活力にしましょう。

まとめ

a7961b4b840d27c13a99b247e8b74c72_s
自分が一番リフレッシュできる内容を知っていますか。
これをすれば忘れられる、これをしているときが一番幸せ!などストレス発散法を分かっている人は憂鬱になっても乗り切れるはずです。
休みの日はくよくよせず、思い切り楽しんで仕事のことは考えないことが一番です。

月曜日はエネルギーがいるかもしれませんが、次の休みを楽しみに一日一日を頑張ってみませんか。

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事