気持ちのすれ違い?子供とうまくいかない日のやり過ごし方とヒント

気持ちのすれ違い?子供とうまくいかない日のやり過ごし方とヒント

毎日我が子と楽しい日々!
なんて人はあんまりいないと思います。
親子でもなぜか
「今日はなんだか合わないなぁ」
「今日は泣かせてばかりだなぁ」
なんて思うことがありませんか?

ママだって子供だって、
なぜだかうまくいかない日があるのです。
イライラして怒ってばかり。
そんな日を何とかやり過ごしてほしい!
そんなうまくいかない日のやり過ごし方についてです。

あれこれ試してほしい ダメダメな日の過ごし方

3e9f116363243dc4db4fabca58bb03fa_s
自分で産んだ子供なのに・・・と思いながら泣かせてばかり。
そんな日もありますよね。
怒りすぎて落ち込んで、それでもうまくいかなくて。
そんな日はうまく気分転換しながら、お子さんとの距離を取りながら
何とかやり過ごしたいものです。

イラッとしたら いったん離れよう

子どもとずっと一日中いたら気が滅入ってしまう、なぜかそんな日があります。
そんな日はイライラして子供に当たり散らす前に、距離を取りましょう。
距離を取る、といってもお子さんが小さい場合置いてどこかに行く、なんてことはできません。
お子さんがお昼寝の間やちょっとテレビを見せている間などほんの少しでもいいので、お子さんから離れて気を紛らわせてみましょう。

ママの息抜きポイント
本や漫画を見る
テレビを見る
お茶を飲んでお菓子を食べる
ちょっと横になる
音楽を聴く

ママの好きなことを子供のいないところを少しでもすることで、かなり気が紛れます。
子どもと一緒にできるようなら一緒にお菓子を食べたりテレビを見たりするのもいいのですが
一緒にいるとやっぱり何かの拍子でイラッとすることもあるかもしれません。
少しでもいいので、ママ一人の時間を子供の見えないところですることが何よりの息抜きになります。
子供がその時にママを探しに来ると余計イライラするかもしれませんので
そういう場合は絶対邪魔されないお昼寝の時間がおススメです。
間違っても子供をどこかに閉じ込めるとかはだめですよ。

イライラする前に イライラをできるだけ回避しよう

子供を見たくない!一緒にいたくない!と思ってしまうのはかなり重症です。
そうなる前に、息抜きする努力が必要です。
子どもと一日中二人きりで家にいたら誰でも息が詰まります。
子どもと一緒に出掛けられる児童館や支援センター、公園など工夫してなるべくリフレッシュしながら過ごすようにしましょう。

その他にも一緒においしいおやつを食べたり、一緒にお昼寝したりと家事を頑張るよりも少し楽をする時間を作るようにしてくださいね。

息抜きポイント
子どもと一緒に楽しめることは楽しむ
子どもだけでなく、自分もお菓子を食べたりお昼寝をしたりする
子どもが一人で機嫌よく遊べるときは、自分も好きなことをして過ごそう

子供に合わせてばかりだと、イライラしてしまう時もあります。
そんな時は子供の機嫌のいいときをみて、自分は違うことをしてちょっとゆっくりして子供を見守ればいいのです。
子どもと遊ぼう!と毎日張り切りすぎると、疲れちゃいますよ。

発想の転換!今日はうまくいかない日と割り切ろう

不思議とダメな日は、何をやってもダメな場合が多いです。
そういう日はがむしゃらに頑張らず、楽しちゃえ!と割り切りましょう。
なぜか子供のことを怒ってばかり、それならあまり子供のすることに期待しないであきらめて過ごすのです。
今日は早く寝よう!と家事も早めに切り上げて、お子さんと寝ちゃいましょう。
明日はきっと、また仲良しになるはずです。

誰かに託そう たまにはバトンタッチ

おばあちゃん、おじいちゃん、仕事から早く帰ってきたお父さん、お世話をしてくれるお兄ちゃん、お姉ちゃんなどなど誰かちょっと見てくれる人はいませんか?
そんなこといっても、誰も見てくれる人なんていない!と思うママもいると思います。
地域の一時預かりなどありませんか。最近ではリフレッシュが理由でも預かってくれるところもあります。
そういうところを利用したり、誰かに頼ったりするなんてと思うかもしれませんが
たまにはママだってリフレッシュが必要です。
煮詰まる前に、自分が自分をリフレッシュすることも子供のために必要です。
イライラしたママと一緒にいるくらいなら、子供も楽しく過ごせる人と過ごす日があったっていいのです。
子供のせいにせず、自分でうまくイライラを解消することが大切なポイントです。

まとめ

719226dd8bca49bb9c9c7240c9b5a242_s
完璧なママなんていません。
たまにはママだって息抜きしたい。
毎日子供といて、たまには「合わない日」が誰にだってあります。
それが頻繁なママもたまにあるママも、イライラすることに変わりはありません。
頑張らない日があってもいいと、自分を許してあげてください。
子供を泣かせちゃった、そんな日は「ごめんね」と思い直して
次の日にまたうまくやろうとすればいいのです。
ちょっと離れることで、子供がまたかわいいと思えるのです。
ずっと我慢しないで、うまく息抜きして
たまにはおいしいものを食べて、おしゃべりをして、リフレッシュしてくださいね。

レビュー記事

人気の季節記事

こちらの記事もオススメです

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事