産後やダイエット後にバストが垂れる原因と維持するための対策法!

産後やダイエット後にバストが垂れる原因と維持するための対策法!

ダイエットをしたり赤ちゃんを出産したりした後って、何だかバストが垂れている気がしませんか?

せっかくキレイになろうと思って始めたダイエットも、シルエットが美しくなくては意味ないですよね~。

また、授乳中はパンパンに張った胸も、離乳食が始まり授乳の回数が減るとどんどんしぼんで垂れていく一方...。

では、どうして産後やダイエットの時ってバストが垂れてしまうんでしょうか?
その原因と現状維持する方法を詳しく解説していきます!

産後にバストはどうして垂れる?

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_m
妊娠中は胎児の発育の為に、通常の何十倍もの女性ホルモンが分泌されています。
なので、バストはきたるべき授乳に備えてどんどん大きくなるのです。

そして、赤ちゃんを出産後数時間たつと授乳準備OKとばかりに、バストはパンパンに張った状態になります。
それは、バストが張るという事は皮膚が伸びているという事なんですね。
多分、今までの人生の中でも一番大きなバストになっているんじゃないでしょうか?

でも、それもだんだん赤ちゃんとの授乳リズムがついてくると、母乳も受注生産になり、赤ちゃんがおっぱいを飲むと母乳が出るシステムに変わってきます。

さあ、そうなるとパンパンに張ったバストは、落ち着きを取り戻しますが、離乳食が始まりどんどん卒乳へ向かっていくと、残念な事に垂れ下がってしまうのです。

授乳中は、バストの脂肪の量も増えるのですが、卒乳が近づくにつれ脂肪の量も減り、皮膚は伸び切ったままになってしまうので、産後はバストが垂れると言われるのです。

ダイエット後にバストはどうして垂れる?

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s
無理なダイエットもバストを垂れさせてしまう原因です。

きちんと栄養を摂取せずに無理なダイエットをすると、バストの形や大きさを決定する乳腺への栄養やホルモン分泌が低下してしまい、乳腺が衰退してしまうのです。

また、過激なダイエットによる栄養不足で、バストを支えるクーパー靭帯が伸びたり切れやすくなったりして、バストが垂れてしまうのですね。

キレイになりたいと思ってダイエットしても、バストが垂れ下がってしまっては、元も子もないですよね~。

産後にバストを垂れさせない方法は?

ced83ae4af7b06a85755d3d1e9084c26_m
キレイなママ、お母さんである為に、バストを垂れさせない努力が必要です!
その方法は、バスト専用のクリームできちんと産前からケアする事、バストを支えている筋肉を鍛える事、ブラは選んで使う事の三点です。

産後も垂れていないバストをキープしている人は、この三つを実践している人なんです。

バスト専用クリームでハリをキープ!

加齢やホルモンバランスの乱れによって肌が衰えていくのは、顔もバストも同じ事です。

伸びたり縮んだりする妊娠中のバストは、ハリが失われているのでクリームや美容液などでのケアが必要です。

この時、顔に付けるクリームや美容液ではなく、バスト専用のクリームを使いましょう。
バストのハリと弾力に必要な成分が配合されているので、バスト用の物を吟味して下さいね。

クレセールというクリームにはバストケアに必要な成分がたっぷり含まれているので、エステなどに行かなくても自分でバストケアできますよ♪
悩んでいる方は試してみてくださいね。

大胸筋を鍛えて美バストキープ!

バストの土台となっている大胸筋。この大胸筋が衰えてくるとバストをきちんと支えれないので、この大胸筋を鍛えるエクササイズをしましょう。

これは、過激なダイエットでバストが垂れてしまった人にもおススメな美バストキープ方法です。いくつか大胸筋を鍛えるエクササイズはありますが、ここでは一番簡単で手軽にできる大胸筋エクササイズをご紹介します。

美バストキープには合掌ポーズ!

胸の前で両手の平を合わせます。この時背筋はきちんと伸ばしましょう。
ひじは直角に曲げて肩のラインまで上げるようにします。

そして、手の平を押すような感じで力を入れて、息を静かに吐きます。
大体15秒ぐらいを目安にして下さいね。大胸筋を鍛えるというよりは、刺激するという感じですが、5回を1セットとして、一日3セットを目安に毎日してみて下さい。

料理を作っている合間やテレビを観ている時にササッとできるので、美バストキープには是非合掌ポーズをしてみましょう。

ブラは選んで使いましょう!

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s
妊娠、出産、産後とバストは変化していきます。

なのにブラは同じままですか?妊娠中はどんどん大きくなっていくバストを支えれるブラにして、バストが垂れないようにしましょう。

もうここから産後のバストがどうなるかは決まってきます!
そして、授乳中は授乳用のブラをつけ、大きくなったバストをきちんと支えつつ乳腺もしっかりガードしましょう。

産前・産後も使えるブラがあったり、授乳期から卒乳後も使える授乳用ブラもあったりするので、自分の好みや産後のライフスタイルに合わせて選びましょう。

離乳食が完了食になる頃には、徐々に授乳回数も減っているので普通のブラにしても大丈夫です。

スポーツブラなどは楽チンですが、バストを垂れさせない為にはきちんとワイヤー入りのブラを選んだ方が良いですよ。

その際、下着売り場の店員さんにバストのサイズを計ってもらって、自分の正しいサイズを知る事が大切です。

また、就寝時にはナイトブラを着用するなど、垂れない努力は必要ですね。

まとめ

以上、「産後やダイエット後にバストが垂れる原因と維持するための対策法!」についてお伝えしました。
いかがだったでしょうか。

バストをキープするのは意外と大変・・・・。でも、日頃から専用のクリームを塗るとか、バストアップサプリを飲む、合掌のポーズで大胸筋を鍛える・・・・といった、ちょっとした努力でバストケアはできるんです。

バストが垂れてしまわないか心配という方は、ここで紹介したクリームや方法できちんとバストケアして垂れないバストを目指してみてくださいね!

バストアップサプリのレビュー記事も参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もオススメです

レビュー記事

人気の季節記事

人気の子育て関連記事

人気のくらし密着記事